あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:国内ニュース > 新型コロナ



    (出典 newsfantv.com)


    すごいな

    1 靄々 ★ :2020/05/07(木) 20:50:38.49

    シャープ製マスク、第2回抽選の応募総数は680万名超。倍率113倍


    シャープは、同社製の不織布マスク「MA-1050」(2,980円/50枚入り、税抜、送料別)の一般販売受付5月3日から再開。第2回販売分として、5月6日に抽選を行った。

    同社では第1回目の販売を4月27日に開始したが、1日で470万以上の応募が集まり、アクセスが集中してサイトがつながりにくくなったことから、第2回の応募受付では、常時応募を受け付ける方法に変更した。なお、第1回に応募した方は、そのまま第2回の抽選対象となった。

    第2回の応募総数は680万7,310人で、内訳は第1回に応募した470万6,385人 と、第2回に新規で応募した210万0,925人だった。

    当初の提供予定数は4万箱だったが、増産により、第2回の提供数を6万箱に増量。5月6日に抽選を行い、本日までに当選者6万名にメール送信を行ったという。

    なお、来週以降も基本的な販売の枠組みに変更はないとのこと。抽選日は毎週水曜日で、抽選対象は前日正午までに応募した分まで。第3回抽選日は5月13日で、販売予定数量は6万箱。第4回抽選日は5月20日で、販売数量は未定となる。

    応募するには、応募サイトで名前とメールアドレスを登録する必要がある。期間中、いつ申し込んでも当選確率は変わらない。なお毎週火曜日午後~水曜日は、メンテナンスのため応募できない。

    PHILE WEB編集部


    (写真:PHILE WEB)

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200507-00104102-phileweb-sci
    5/7(木) 20:38配信PHILE WEB


    【【シャープ】不織布マスクの第2回抽選の応募総数は680万名超。倍率113倍】の続きを読む


    ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、第45代目のアメリカ合衆国大統領。シャドー・バンキング隆盛期のアメリカ合衆国でその名を知られた実業家。シティグループから融資を受け、みずから設立したカジノ、ホテル運営会社トランプ
    389キロバイト (49,785 語) - 2020年5月3日 (日) 15:18



    (出典 assets.bwbx.io)



    1 みなみ ★ :2020/05/04(月) 13:22:37.41

    2020年5月4日 12時12分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18214266/

    アメリカのトランプ大統領は3日、新型コロナウイルスが中国・武漢市の研究所から流出したとの主張を裏付ける「決定的な」証拠を含む報告書を公表する考えを示しました。

    トランプ大統領は3日、FOXニュースのタウンホールに出演し、新型コロナウイルスがどのように武漢のウイルス研究所から流出したかを裏付ける報告書を準備していると明らかにしました。

    トランプ大統領「何が起きたかを正確に示す非常に強力な報告書を出す。非常に決定的なものだ」「中国はひどい失敗をした。認めたくなかったんだろう」

    大統領はこのように述べ、ウイルスの流出は意図的なものではなかったとの見方を示しました。ただ、中国が世界の対応を誤った方向に導いたかと問われると「疑う余地はない」と述べ、改めて中国を批判しました。
    一方、ウイルスに対するワクチンについては、アメリカ国内の製薬会社によって「年末までにできる」との見通しを示しました。


    【【決定的な証拠公表へ】トランプ大統領「コロナは武漢から」】の続きを読む



    (出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)



    1 ケロ太(ジパング) [DE] :2020/04/29(水) 06:27:33 BE:323057825-PLT ID:91p4h2ky0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
    「どんどんマスクの値段が世界で上がっていってて今、想像が付かない世界に入ってきてますね」

    「ヨーロッパは1枚が今700円ぐらい」

    直面していたのは中国での原料、そしてマスクの価格高騰。

    この会社の販売価格は1枚70円と高値に思えるが、利益はほとんどないといいます。

    この中国における価格高騰の背景にあるのが、世界的な『マスク争奪戦』。

    海外の港では信じられないことが…

    【まる優 財部優次郎代表】
    「本当に高い金額を出して(マスクを)横取りしていくんですよね。
    他の所に送る予定だった物(マスク)を、コンテナを乗せてる港でお金を払って、
    乗せてる人たちにお金を払ってチャーターの飛行機でばっと積んでもう映画の世界。そういう状況がうちの関係の周りでも目の前で起こって」

    マスク争奪戦の影響は、日本にも及んでいました。


    鍵を握る中国のとあるマスクメーカーが、TNCの取材に応じました。

    【記者】
    「いろんな国から購入の依頼がきていると思うが、買い方に違いは?」

    【中国のマスクメーカー担当者】
    「欧米の人たちはたくさんマスクを買ってくれる。それだけ多くの需要があるのだろう。(一方で)日本の人たちは決定を下す時に慎重すぎます」

    日本と欧米ではやはり印象が違うようです。

    【中国のマスクメーカー担当者】
    「この状況下ではほとんどをヨーロッパに輸出している」

    「なぜならヨーロッパの人たちはマスクがあまり好きではないが、今はマスクをせざるを得ないのでたくさん買っている」

    「(ヨーロッパ向けは)パーセンテージにすると80%以上」

    “マスク争奪戦” 増産なのに品薄なぜ? 「中国ルート」に異変 メーカーの本音は 福岡県
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000011-tncv-l40


    【【中国製マスク】ヨーロッパで1枚700円 中国人「今や欧米優先だよ。日本人はケチ」】の続きを読む



    (出典 webronza.asahi.com)



    1 あずささん ★ :2020/04/29(水) 06:41:06.32

    フランスのフィリップ首相は28日、議会で演説し、新型コロナウイルスの感染拡大防止目的の外出制限を5月11日から段階的に解除する方針を明らかにした。3月から一斉休校となっている学校は、地域や学年に応じて徐々に再開する。
    フィリップ氏は新型ウイルスの感染について、「緩やかだが縮小が確認された」と指摘。店舗休業により経済が深刻な影響を受けていることを踏まえ、「ウイルスと共存していかなければならない。いつまでも制限は続けられない」と強調した。
    5月11日以降、店舗は感染防止対策を取った上で営業を再開するが、飲食店は少なくとも6月初頭まで休業。また、公共交通機関を利用する際はマスクの着用が義務付けられる。

    ソース/時事通信社
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042900202&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


    【【ウイルスとの共存必要】フランス、5月11日に外出制限解除】の続きを読む



    (出典 www.city.kashiwa.lg.jp)


    あかん

    1 ◆RHQv1y2o4k ramune ★ :2020/04/25(土) 12:03:30.70

    イギリスで1か月前に強制的な外出制限を始めても死者数は56倍に激増

    ■NHK『ニュースウォッチ9』が伝えた。
     イギリスでは約1か月前に外出制限を実施して最初の週末を迎えた。
     3月21日の映像には休日に大勢の人たちが公園で週末を楽しむ様子が映されている。
     3月22日にSNSに投稿された映像には、ウェールズ地方の国立公園の近くでは道路に車のとても長い行列を映したものがあった。
     自然の中なら人との距離を保てるだろうと考えた人たちが大勢訪れていた。

     3月23日、ジョンソン首相が国民へのテレビ演説で「自宅にステイしろ」と重ねて呼びかけ、罰金を伴う厳しい外出制限の措置を発表した。
     其の後、地下鉄や電車の利用が95%現象するなど劇的な変化が起きた。
     しかし、この効果が現れるのは数週間かかるため、感染の拡大に歯止めはかかっていない。

     外出制限が厳格化された3月23日の時点でのイギリス国内の新型コロナ肺炎による死者数は335人。

     335人

     今の日本とほぼ同数だ。

     それが1か月後には

     18,738人

     56倍になって2万人に到達しようとしている。

     いまもイギリスでは1日に数百人が死亡しているという。

     感染症や公衆衛生に詳しい専門家はイギリスの経験から日本に警告してる。
    (オックスフォード大学ピーター・ドロバック医師)「イギリスでは外出制限の導入時、すでに感染が全土に拡大していた。
    日本も残念ながら、いま同じことが起きているのだろう」
     
    その上でドロバック医師は日本人に呼びかけた。
    「いま最も大切なのは日本全体のために大勢が犠牲をはらい、外出を控えているこの時間を有効に使うことだ。」

    ■東京都で「陽性率」が高まって死者数も増加している!
    テレビ朝日『報道ステーション』が強調して伝えた。
     「陽性率」はPCR検査を実施した人の中で陽性者(ウイルス感染者)の割合を示すものだ。
     1週間ごとの累積を取っている。検査人数には民間の検査機関の数字が含まれていないため、あくまで目安の数字だと番組では説明する。
     「陽性率」と「死者数」を同じ時期ごとに記したグラフで見てみると、4月に入って「陽性率」が急に上がり、上旬に20%を超えたと思ったら、中旬にはすでに35%を超えていることがわかる。
     死者もそれに連動するように増加している。
    (中略)

    ■感染者は実際には10倍いる?…NY抗体検査の"衝撃”
     TBS『NEWS23』が伝えた。
     新型コロナウイルスによる死者がおよそ5万人のアメリカ。
     ニューヨーク州で食料品店などで3000人を対象にして、新型コロナウイルスの「抗体検査」を無作為に実施した。
     その結果、全体の13.9%が陽性だったと判明した。
      ニューヨーク州全体の感染者は26万3000人が確認されているため、今回の抗体検査での感染率から推計すると、
    実際には10倍の約260万人がすでに感染しているとみられる。
     アメリカをはじめ、世界各国の中でも人口あたりのPCR検査の数が少ない日本。
    1000人あたりのPCR検査
    イスラエル    29.98人
    ドイツ      25.11人
    アメリカ     13.48人
    韓国       11.34人
    日本        1.07人 
    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200425-00175138/


    【【新型コロナ】一ヶ月前のイギリスは、今の日本と同じ死者335人から外出制限するも、一気に死者1万人規模へ】の続きを読む

    このページのトップヘ