福岡 (ふくおか つばさ、1940年3月3日 - 2019年4月20日)は、日本の男性芸能レポーターであり、映画評論家である。 本名は福岡 (ふくおか たすく)。高知県生まれ。高校卒業後に上京し、早稲田速記学校を卒業。 同校卒業後は速記の技量を活かして出版社、小学館に勤務、約10年に渡って
3キロバイト (340 語) - 2019年10月5日 (土) 00:43



(出典 livedoor.blogimg.jp)


以前はよくテレビに出てた

1 Egg ★ :2019/10/05(土) 04:05:06.73 ID:ugAzm2Nu9.net

テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」などに出演し、芸能リポーターの草分け的存在として活躍した福岡翼さんが、4月20日に慢性心不全増悪のため亡くなっていたことが4日、分かった。79歳だった。本人の遺志で公表を控えていた。1970~2000年代に、梨元勝さん(10年死去、享年65)らと芸能マスコミの発展に尽力。映画評論もこなす知性派としても知られ、柔らかい人柄を生かした取材力に定評があった。

 梨元さんや前田忠明氏(78)とともに華やかな芸能ニュースでワイドショーの全盛期を支えた福岡さん。ソフトな口調と鋭い質問などで人気を集めたベテランリポーターが、静かに生涯の幕を閉じていた。

 この日、故人と40年来の親交がある芸能リポーター、みといせい子さん(70)がサンケイスポーツの取材に応じ、詳細を説明。みといさんが福岡さんの妹から聞いた話によると、亡くなる2、3日前、福岡さんは親族とレストランで食事する予定だったが現れなかったという。

 心配になった親族は大阪に住む福岡さんの妹に電話。妹が上京して福岡さんの東京都内の自宅に入ると、ベッドの中で眠るように亡くなっていた。福岡さんは大の読書好きで知られ、枕元には読みかけとみられる本が置かれていた。

 葬儀は故人の「もし*だら、いつの間にか消えているのが良い」という遺志を尊重。親族のみで執り行われ、棺には愛用のペン、原稿、使い込んだカバンを納めた。

 実は福岡さんは2011年に心筋梗塞(こうそく)の手術を受けているが、「自分はあくまでも裏方だから。周りに心配されるのは嫌だ」と、このときも公にせず。3年ほど前から仕事をセーブしており、昨年9月にテレ朝系「ワイド!スクランブル」に出演したが、基本的には読書にふける生活で、1時間のウオーキングなどで健康に留意していたという。

 2、3日前に妹から届いた手紙で訃報を知ったというみといさんは1977年からTBS系「モーニングジャンボ」で福岡さんと共演。「当時、翼さんは梨元さんと『年に2本スクープを出す』と約束して、刺激し合っていた」と懐かしんだ。

 「優しい人柄でタレントさんの懐に入り込むのが上手でした」と明かし、森光子さんや森繁久彌さんらとも仲が良かったと告白。一方で映画評論もこなす知性派としても知られ、「とにかく勉強家で、質問も鋭く芸能人からの信頼も厚かった。私にとって最高の先輩で、本当に感謝しています」と振り返った。

10/5(土) 2:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000500-sanspo-ent

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【訃報】芸能リポーターの福岡翼さん、慢性心不全増悪のため4月20日に死去していた】の続きを読む