あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:国内ニュース > 調査


    吉瀬 美智子(きちせ みちこ、1975年2月17日 - )は、日本の女優、女性ファッションモデル。 福岡県朝倉市出身。フラーム所属。身長166cm。愛称は「みっちゃん」。 高校生の頃は美容部員志望だったが不合格だったため、高校卒業後は地元のエステサロンや喫茶店でアルバイトをしていた。喫茶店でのアルバ
    25キロバイト (2,717 語) - 2020年3月14日 (土) 02:18



    (出典 sofia2013.com)


    ガッキーかな

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/17(火) 14:36:09 ID:M4I3RD0a9.net

    2020.3.17
    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200317/enn2003170008-n1.html

    1位 広末涼子
    2位 吉瀬美智子
    3位 剛力彩芽

    4位以下はhttps://ranking.goo.ne.jp/column/6427/ranking/52499/


    (出典 www.zakzak.co.jp)

    広末涼子


    【【調査】ショートヘアが似合う女性芸能人ランキング】の続きを読む



    (出典 matsui-pharm.com)



    1 muffin ★ :2020/02/18(火) 13:50:07.30 ID:U8bF8VHx9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20200258478.html
    2020/02/18 00:03

    2月17日に放送されたバラエティ番組「1番だけが知っているSP」(TBS系)で、一流スタイリスト40名が「私服がおしゃれな芸能人」を選出した。

    俳優部門の1位に輝いたのは、菅田将暉(26歳)。スタイリストらは「かなり個性の強い古着などをうまく取り入れられてる」「常に新しいファッションを追求してる」「若い子はみんな参考にしている」とコメント。

    女優部門の1位に輝いたのは井川遥(43歳)。「ありふれたものを上手に着回す」「シンプルなんですけど細かいテクニックが上手」「幅広い年代の女性が憧れる着こなしの達人」という評価が上がることに。

    また、タレント部門で1番に名前が挙がったのは、モデルでタレントの森星(27歳)。スタイリストからは「脚が長すぎるのでミニボトムをすごい素敵に着こなしてるなと。私もあの脚だったら毎日ミニボトム履く」といった声が上がった。

    ☆本当に私服がおしゃれな芸能人ランキング(「1番だけが知っている」調べ)
    【俳優部門】
    1位 菅田将暉
    2位 滝藤賢一
    3位 千葉雄大
    4位 伊勢谷友介
    5位 浅野忠信

    【女優部門】
    1位 井川遥
    2位 中村アン
    2位 新木優子
    2位 板谷由夏
    3位 片瀬那奈

    【タレント部門】(順位無し)
    森星
    ピース又吉
    YOU


    菅田将暉

    (出典 i.pinimg.com)

    滝藤賢一

    (出典 pbs.twimg.com)

    井川遥

    (出典 i.pinimg.com)

    中村アン

    (出典 pbs.twimg.com)

    森星

    (出典 mag.moe)

    ピース又吉

    (出典 up.gc-img.net)

    YOU

    (出典 i.pinimg.com)


    【一流スタイリストが選ぶ『本当に私服がおしゃれな芸能人』 1位は誰? 】の続きを読む



    (出典 www.jsdi.or.jp)


    将来的には大問題

    1 ばーど ★ :2019/10/07(月) 08:10:33.99

    日本の出生数が急減している。1~7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。

    政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ。

    厚生労働省の人口動態統計(速報)によ…

    2019/10/7 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50672490W9A001C1MM8000/


    【【人口動態統計・速報】日本の出生数が急減 90万人割れへ…100万人を下回ってからわずか3年 少子化の流れ止まらず】の続きを読む



    (出典 rktvdsjwpzna.xsrv.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/13(土) 11:23:41.93

    https://j-town.net/hokkaido/research/results/291267.html?p=all

    読者の皆様が「かっこいい」と思う都道府県はどこだろうか。県民性や方言、景観などはひとまず置いておいて、ごく単純に「形」の話である。

    高知県はブーメランのような形でもあり、「上毛かるた」で有名な群馬県は「つる舞う形」として知られる。
    改めて見てみると、それぞれ特徴的な形をしており、形だけで言ったらどこに軍配が上がるのか気になるところだ。

    そこで、Jタウンネットでは2019年4月26日から7月1日の期間、「形が一番カッコいい都道府県はどこ?」
    という質問で読者アンケートを行った(総得票数:4899票)。

    晴れて形のかっこよさで栄冠を勝ち取ったのは、どこの都道府県だろうか――。

    堂々の1位は...


    (出典 j-town.net)


    上の図表を見ても明らかなように、全国の読者が選んだのは「北海道」だった。全体の15%におよぶ734票を獲得し、栄えある第一位に輝いた。

    次いで、新潟県(450票)、青森県(361票)、茨城県(238票)、群馬県(219票)と続き、トップ5にランクインしている。

    トップ5にランクインした地域について、ツイッター上ではこんな声も。

    「北海道の形ってなんでこんなにかっこいいの?洗練されすぎじゃね?」
    「新潟の形って恐竜みたい」
    「青森なんか形が斧みたいでかっこいい」
    「茨城県は、耳をピンと立てて座って遠吠えしている犬の形だ!なんてかっこいい形なんだ!!」
    「鶴舞う形の群馬県よ?かっこいいでしょ?」

    「恐竜」「斧」「遠吠えしている犬」など形を別のカッコいい何かに見立てている。群馬県の場合はやはり、「上毛かるた」のイメージが強いようだ。

    ちなみに、6位以下の都府県はこちら。皆様の地元ははたして何位だったろうか。


    (出典 j-town.net)


    (出典 j-town.net)


    特筆すべきは今回の調査で、最下位となった東京都。首都・東京も単純に形ということになると、まったく振るわない結果となった。
    そんな東京都に対して、ツイッター上ではこんな声も。

    「八王子、日野、稲城、多摩、町田は神奈川県に譲る。理由:そのほうが形がかっこいいし。東京都をにぎりやすい」

    形だけで見たら、それぞれの地域に対する見方がちょっと変わってくるかも。ぜひお気に入りの形を心に留めておいてほしい。


    【【調査】「形がカッコいい」地図都道府県ランキング。1位は北海道、最下位はまさかの・・・】の続きを読む



    (出典 kojiyanagi.com)


    基本そう思う。ユニクロで強制的にやらされたが簡単だった。

    1 ばーど ★ :2019/06/21(金) 15:08:27.61

    『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度)』 2019年6月19日 11時00分
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000381.000007597.html

    ジャストシステムは6月19日、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度)」の結果を発表した。調査は今年5~6月に実施し、Fastaskモニターの17~69歳の男女1100人から回答を得た。

    近年、スーパーなどで店員ではなく客が商品をバーコードスキャンして精算する「セルフレジ」が増えている。セルフレジについて聞くと、利用したことがあるという人は58.1%。見たことはあるが利用したことはないが15%、知っているが見たことはないが12.3%、知らないが14%となった。

    「使い方を覚えるのが面倒」「セルフレジのほうが時間がかかりそう」

    約4割がセルフレジを利用していないが、利用しない理由を聞くと最も多かったのが同率で「操作方法がわからなかったから」「セルフレジの前でまごまごしたくなかったから」(23.8%)となった。

    次いで、「使い方を覚えるのが面倒くさかったから」「セルフレジのほうが時間がかかりそうだと思ったから」(同22.7%)、「操作が難しそうだと思ったから」(16.3%)、「使い方を聞くのが恥ずかしかったから」(11.6%)、「使い慣れている人を見て気後れしたから」(8.7%)と続く。

    日本でのセルフレジの普及について聞くと、「どんどん普及していくと思う」(47.6%)が最多だが、「普及には時間がかかると思う」という人も38.5%いた。「普及は難しいと思う」(6.7%)、「普及しないと思う」(2%)は1割以下となった。

    2019年6月21日 12時8分
    キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/16654770/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【調査】セルフレジを利用しない理由1位は「操作方法が分からない」「レジ前でまごまごしたくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ