あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:芸能 > 落語家


    師の春風亭柳昇は、自身の身体的特徴もあり(落語の道に入る前、兵役中の負傷で手の指を数本欠いていた)、新作落語専門で大成した人物であったが、弟子たちは新作派(昔昔桃太郎)、古典派(9代目春風亭小柳枝、瀧川鯉)とバラエティに富む。昇太
    45キロバイト (6,389 語) - 2019年6月30日 (日) 11:17



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/30(日) 17:59:18.19

    [ 2019年6月30日 17:50 ]

     落語家の春風亭昇太(59)が6月30日、急きょ一部生放送された日本テレビ「笑点」(日曜後5・30)で結婚を電撃発表した。

     独身をネタにされることも多かった。女優の吉田羊(年齢非公表)と仲が良く、吉田が50歳になったら結婚しようと話していると明かしたこともあった。

     昇太は今月27日、公益社団法人「落語芸術協会」の新会長(任期2年)に就任したばかり。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/30/kiji/20190630s00041000255000c.html


    【春風亭昇太が電撃結婚!「笑点」で生発表 !】の続きを読む


    立川志ら立川志ら立川こしら 立川らく立川志ら立川らく立川志ら立川志立川志獅丸 らく立川らく立川がじら 立川志ら立川志ら立川志ら立川らく立川らくまん 立川志らぴー 立川かしめ 立川うぉるたー 立川らく坊(一番弟子) 立川らく丸(三番弟子) 立川らく吉(四番弟子)
    22キロバイト (2,935 語) - 2019年5月5日 (日) 12:54



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/20(月) 11:02:07.42

    落語家の立川志らくが19日、ツイッターで、自身の舞台の稽古に弟子達が誰も手伝いに来ないことへ苦言を呈したところ、弟子達が慌てて謝罪に来たというが
    「謝られても困る。私は悲しんでいるだけだから」とバッサリ。20日に更新したツイッターでは改めて「全員破門にするか前座に降格するか」と激怒した。

    事の発端は19日のツイッター。志らくが主催する劇団「下町ダニーローズ」の稽古に二つ目の弟子達が一度も手伝いにこないことに
    「破門にするか。落語家として可能性がないと判断する」とバッサリ。「芝居の押しつけではない。師匠に興味があるかないか。
    弟子の一番大切な根本です」ともつぶやき、「談笑は才能のない弟子は辞めさせた。談春兄は気の利かない弟子は片っ端からクビにした。
    私は余程のない限り置いていた。前の二人が正しい。私の教育法が明らかに間違っていた」とまで記していた。

    これに弟子達は慌てたのか、19日深夜のツイッターでは「慌てて夜中に詫びに来たり、ラインで詫びたり、もうわけが分からんです」と大騒ぎに発展。
    だが志らくは「芝居の手伝いなんかしなくていい。稽古をみてみたいと思わないその感覚が嫌なんだ」と繰り返し「全員破門にするか前座に降格するか、である。
    どうせ師匠は優しいから謝れば許してくれると連中はなめている。数年前、同じ騒動が持ち上がった時、
    破門通達したが皆泣いて詫びたから許してしまった。あの時、破門にしとけばよかった」と、志らくの意志は固い様子。

    最後に、“身内の恥”をさらした理由には「全てを晒すのが芸人というのが談志の教え」とし、
    「この恥を世間に晒す、ネットニュースにまでなったが、それによって私も弟子も情けない思いをしてやり直すのです」とつぶやいていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16485964/
    2019年5月20日 10時9分 デイリースポーツ


    (出典 yumeijinhensachi.com)


    【立川志らく、弟子にブチ切れる「全員破門にするか前座に降格!】の続きを読む


    六代 文枝(ろくだい かつら ぶんし、1943年7月16日 - )は、日本の落語家、タレント、テレビ番組司会者。上方落語の名跡『桂文枝』の当代である。 吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。社団法人上方落語協会前会長(第6代)。 師匠は文枝(後の5代目桂文枝
    52キロバイト (7,199 語) - 2019年4月13日 (土) 02:14



    1 豆次郎 ★ :2019/05/02(木) 08:38:39.79 ID:h1vsCuq89.net

    5/2(木) 7:07配信
    「何も知らない18歳のころから、師匠を尊敬し、信頼し、すべてを捧げてきました…」

    16年に、6代目・桂文枝師匠との愛人関係を『FRIDAY』に告白した、演歌歌手の紫艶さん。

    桂文枝と紫艶さんの「不倫の軌跡」と直撃写真はコチラ

    18歳のとき『吉本演歌歌謡曲選手権』で優勝。00年には日本有線大賞新人賞を受賞した彼女が、19年3月7日に都内のマンションで独り、帰らぬ人となっていた……。

    「3月11日の昼間、事務所に彼女のお母さんから『毎日、電話をくれる娘が3月7日を最後に連絡が取れない』という電話がありました。大家さんにも連絡していたようで、その方が紫艶さんを見つけて下さったんです」

    そう話すのは、16年4月から彼女が所属している芸能プロダクション社長のA氏。文枝と別れ、愛人関係を告白したあと、この事務所に入った。

    「文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、リストカットを繰り返してしまったそうです。彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともありましたよ。ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに、“彼のことを忘れて頑張る”って話してくれましたし、実際にそれからは、一度も自殺未遂のようなことは無かったって聞いていますよ」(レコード会社関係者)

    大家さんから紫艶さんが亡くなったことを聞いた彼女の母親は、兵庫県から着の身着のままで上京。事務所スタッフと一緒に遺体に対面すると、その場に泣き崩れてしまったという。

    自宅で亡くなっていたため、遺体は司法解剖に。その結果、「病死」という判断が下された。多くの種類の薬を服用していため、それが死因ではないかと伝えられたという。

    「精神的に弱かったので、薬を服用していることは知っていました。それは初めて私と会ったときから飲んでいましたね。彼女はお酒を一滴も飲めないんですが、薬の影響か、ひどいときは呂律が回らないこともありました。何か所も病院に通っていたようで、それは警察から聞いて初めて知りました。部屋には薬がいっぱいあったようで、薬の飲み合わせが悪くて、命を落としてしまったのかもしれませんね」(同・A氏)

    葬儀は3月15日に都内で肉親と事務所スタッフだけで、ひっそりと執り行われた。

    「葬儀で紫艶さんはメイクをしていて、なんか映画やドラマのワンシーンをみている感じでした。とてもキレイでしたし、“トントン”って叩いたら、いまにも起きてきそうで…」(同・A氏)

    当時、文枝はFRIDAYの報道を受けて、愛人関係を否定。「2年前に会ったのが最後」と話していたが、最近まで2人がやり取りしていた『LINE』が出てくるなど、泥沼の不倫劇だった。

    釈明会見では、紫艶さんのことを「娘のような感じで応援していた」と話していた文枝。いったい、彼女の死をどう受け止めるのだろうか。

    そこで、平成最後となる4月30日。一門会が終わり、大阪にある寄席『天満天神繁盛亭』から出てきた桂文枝を直撃取材した。

    ――すみませんFRIDAYデジタルですが、3月7日に紫艶さんがお亡くなりになったのをご存知ですか?

    「え、誰が?」

    と、怪訝そうに名刺を受け取る。

    ――紫艶さんです。

    「ほんまか…(絶句)」

    驚いた表情で顔を上げ、まっすぐ記者を見つめる。

    ――師匠と20年間お付き合いした彼女が、41歳という若さで亡くなったんですよ?

    「……」

    何か言いかけたが、運転手にうながされ車に乗り込むと、そのまま走り去ってしまった。

    「歌のレッスンも定期的にしていましたし、自分でカラオケに行ってCDを作って持ってきてくれたこともありました。本格的に歌手活動も再開しようと話していたんですよ。それなのに…」(前出・A氏)

    あまりに切なく早すぎる“歌姫”の死。きっと天国から『令和』の新時代を眺めているに違いない…。


    文:荒木田 範文(FRIDAYデジタル芸能デスク)
    埼玉県さいたま市出身。夕刊紙、女性週刊誌を経て現職。テレビやラジオなどにも出演中

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00010001-friday-ent


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【愛人】桂文枝の20年間愛人だった演歌歌手、41歳で孤独死していた】の続きを読む

    このページのトップヘ