太田 雄貴(おおた ゆうき、1985年11月25日 - )は、日本の元フェンシング選手。公益社団法人日本フェンシング協会会長。国際フェンシング連盟副会長。京都府生まれの滋賀県大津市育ち。種目はフルーレ。大津市立比叡平小学校→平安中学校→平安高等学校を経て、同志社大学商学部卒業。現役当時は森永製菓所
17キロバイト (2,191 語) - 2019年4月18日 (木) 06:25



1 豆次郎 ★ :2019/04/28(日) 03:27:39.51

2019年4月25日 17時17分
スポーツ

日本フェンシング協会は、国内のトップ選手を対象に英語を無料で学べるようにして、再来年から代表選手の選考にあたって試験を導入し、一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めました。

これは25日、日本フェンシング協会の太田雄貴会長が、都内で会見を開いて明らかにしました。

協会は教育サービス大手のベネッセコーポレーションと提携して国内のトップ選手を対象に、読む、書く、聞く、話すといった英語の教育を無料で受けることができるようにします。

そのうえで再来年からは、代表選手の選考に年に1回の試験を導入し、一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めました。

協会は、選手たちが英語を学ぶことでほかの国の選手や審判とコミュニケーションを取れるほか、現役を終えたあとにも、職業の選択肢が広がるといったメリットがあるとしています。

太田会長は「世界ランキングがどんなに高くても代表に選ばないということは、競技団体として相当の覚悟を持って決めた。今だけでなく、選手の未来を考えた結果で、協会として真っ向から取り組んでいきたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/amp/k10011896441000.html?__twitter_impression=true

★1がたった時間:2019/04/27(土) 18:26:20.26
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556371250/


(出典 www.zakzak.co.jp)


【【フェンシング】太田雄貴会長の世界ランキングが高くても英語ができないと代表に選ばれないというのはいかがなものか?】の続きを読む