あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ: スポーツ


    井筒(いづつ)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつであり、初代・井筒が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。現在は、14代井筒だった元関脇・逆鉾の福薗好昭の遺族が所有している。 代目の太字は、部屋持ち親方井筒部屋
    2キロバイト (64 語) - 2019年9月16日 (月) 15:40



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 シャチ ★ :2019/09/16(月) 23:39:19.69

    大相撲の井筒親方(元関脇逆鉾)が16日、都内の病院で死去した。58歳だった。

    9/16(月) 23:32配信日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-09161163-nksports-fight

    井筒親方(2018年12月19日撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【訃報】寺尾の兄、元関脇逆鉾、井筒親方が死去 58歳】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    見てたが弱い

    1 Egg ★ :2019/09/16(月) 21:44:26.84

    ワールドカップ 第3戦
    2019/9/16 19:20 横浜アリーナ

    スコア
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5143

    ◇バレーボールW杯 女子3日目 日本1ー3韓国(2019年9月16日 横浜アリーナ)

     バレーボール女子のワールドカップ(W杯)は16日、横浜アリーナと浜松アリーナで各3試合が行われ、世界ランキング6位の日本は同9位の韓国と対戦。セットカウント1―3で敗れ1勝2敗と黒星が先行した。

     第1セットは“100年に1人の逸材”キム・ヨンギョンの強打に苦しめられ、主導権を何度も持っていかれる展開。しかし、終盤の勝負所で佐藤美弥が2本連続のサーブポイントを決め、22-20と2点のリードすると流れは日本へ。25-23と日本が1セット目を奪った。

     第2セットは中盤から韓国優位の展開。クイック、フェイント、ツーアタック、などの多彩な攻撃に加え、ブロックもよく決められてしまう。日本も粘るが終盤は突き放され、19-25でこのセットを落とした。

     第3セット1-3の場面で、古賀紗理那がこの試合初登場。しかし韓国のペースは変わらず、逆にイ・チェヨンの速い攻撃に苦しめられる。何とか古賀、石川真佑、芥川愛加らの活躍で19-20の1点差まで追いすがるが、最後は22-25と押し切られた。

     第4セットも最後まで競った展開。終盤に6連続得点を挙げ、25―24と逆転に成功したが、25―27と押し切られた。

     日本は3試合を終え、1勝2敗で勝ち点4。全勝は米国(勝ち点9)、オランダ(同9)、中国(同9)のみとなった。

     本大会は出場12チームは1回戦総当たりのリーグ戦を行い、勝利数や勝ち点などを基に順位を決定。次戦は9月18日(水)、世界ランキング17位のカメルーンと対戦する。

    9/16(月) 21:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000239-spnannex-spo


    【【バレーボール】中田ジャパン、韓国に痛い敗戦 こんなんじゃオリンピックは厳しい? 】の続きを読む


    中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。プリメイラ・リーガ・FCポルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2
    44キロバイト (4,830 語) - 2019年9月15日 (日) 03:33



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2019/09/16(月) 09:58:25.56

    ポルトガルリーグのポルティモネンセvsポルトの一戦では、安西幸輝と中島翔哉の日本人対決が実現。

    この試合では77分に安西がポルトガル初ゴールを決め、2-2で迎えた後半ATの98分にイバン・マルカーノが劇的ヘッドを決め、ポルトがアウェーゲームを制している。

    日本でも注目を集めたこの一戦で、ポルト中島は72分から途中出場したが、ポルトガルでは試合後の一幕について、大きく報じられている。

    ポルト指揮官セルジオ・コンセイソンは試合後、中島に挨拶をかわした後、中島を追いかけて大声で一喝する場面があった。同僚のヘスス・コロナ、オタビオらが間に入って指揮官をなだめたものの、このシーンはポルトガルメディア『Record』、『tvi24』などでもピックアップされ「コンセイソンは中島に怒り、腹を立てている」と伝えた。

    試合後にコンセイソン監督は会見の場で「監督はチームをいつだって助けるためにベンチから指示を送っているものだ。だが、それはときに試合を難しくすることもある。おそらくサッカーを愛する方なら、私が何を言いたいか、ご理解いただけるんじゃないかな」と述べている。

    また、一喝した中島について問われると指揮官は「これはあくまで私たちが話し合うべき問題だ」と述べ、多くを語らなかった。

    77分、安西に同点弾を決められた際は左ウイングの中島が自陣まで戻っていたものの、プレスが機能せず、安西にカットインから左足のミドルを決められ、2-2に追いつかれることとなってしまった。なお、ポルトファンの間ではSNSで「この場面のナカジマに監督が怒っていたのでは?」「ショウヤは途中出場なんだから、あの場面でしっかり寄せるべき」「この場面に限らず、今夜はボールロストが目立った」といった議論が交わされている。

    コンセイソン監督が明言を避けていることもあり、中島のどのプレーに不満を持っていたのか現時点で不明だ。だが今夏ポルトに加わったばかりの中島は、まだコンセイソン監督の信頼を完全に勝ち取るまで至っていないようだ。

    9/16(月) 9:40配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00010012-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】ポルト中島翔哉に試合後監督激怒!】の続きを読む


    前田 穂南(まえだ ほなみ、1996年7月17日 - )は、日本女子の陸上競技選手。専門種目は中距離走・長距離走・マラソン。2017年北海道マラソン女子の部優勝、2018年大阪国際女子マラソン2位。2018年山陽女子ロードレース大会ハーフマラソン優勝。2019年マラソン・グランドチャンピオンシップ優勝。
    15キロバイト (1,232 語) - 2019年9月15日 (日) 04:25



    (出典 www.sankei.com)



    1 ニーニーφ ★ :2019/09/15(日) 11:40:28.65

    【#MGC 女子】フィニッシュ!

    2時間25分16秒 前田穂南(天満屋)

    2020東京五輪マラソン代表内定!!

    http://www.mgc42195.jp/


    【【マラソン】MGC女子は前田穂南(天満屋)が独走で優勝!2位鈴木亜由子(日本郵政G) 2名が東京五輪内定 小原猛追届かず3位に】の続きを読む


    中村 匠吾(なかむら しょうご、1992年9月16日 - )は三重県四日市市出身の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)、駒澤大学経済学部経済学科卒業。富士通陸上競技部所属。 高校3年時の2010年沖縄インターハイ5000mで3位入賞(日本人2位)。同年10月には5
    14キロバイト (1,052 語) - 2019年9月15日 (日) 02:30



    (出典 www.mgc42195.jp)



    【【マラソン】MGC男子優勝は中村匠吾(富士通)! 2位服部勇馬(トヨタ自動車) 2名が東京五輪内定 日本記録保持者・大迫は3位で半端だった】の続きを読む

    このページのトップヘ