あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:スポーツ > オリンピック



    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/24(火) 19:51:47.56

    安倍晋三首相が国際オリンピック(IOC)のトーマス・バッハ会長と24日午後8時から行う東京オリンピック(五輪)の延期協議で、日本側が提示する開催時期案に、21年春もしくは同年秋が浮上していることが同日、分かった。猛暑での開催を避けることが狙い。

    この日の協議で五輪史上初の延期が決定する見込みだが、その場合は、26日から福島でスタートする聖火リレーはいったん、中止することも判明した。大会関係者によると、延期した場合の新たな開幕日が決まった時点で、もともと計画していた121日間の聖火リレーを実施したい考えだという。

    3/24(火) 19:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-23240719-nksports-spo

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【安部、バッハ協議】東京五輪は21年春か秋を提案か? 聖火リレーはいったん中止】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ばーど ★ :2020/03/23(月) 09:20:24.41

    五輪延期の判断も行わざるを得ないと首相

     安倍晋三首相は23日、東京五輪延期を含むとした国際オリンピック委員会の新方針に関し「私が申し上げた完全な形での実施という方針に沿うものだ。仮にそれが困難な場合には、アスリートの皆さんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ない」と述べた。

    2020/3/23 09:17 (JST)
    https://this.kiji.is/614614387503891553?c=39550187727945729


    【【速報】安倍首相、初めて五輪延期の容認判断の考え示す】の続きを読む



    (出典 www.jp.playstation.com)



    1 1号 ★ :2020/03/22(日) 21:06:09.37

    [東京 22日 ロイター] - 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で今夏に予定している東京オリンピック・パラリンピックの通常開催が危ぶまれる中、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(五輪組織委)が通常開催できない場合に備えて代替案の策定を進めていることがわかった。組織委内の議論に詳しい関係者2人が明らかにした。

    開催に最終的な決定権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は現時点では通常開催する方針を変えてはいないが、米紙とのインタビューで、開催延期を判断するのは時期尚早とした上で「もちろん異なるシナリオも検討している」と述べている。IOCでは通常開催について、3月下旬にあらためて議論する見通しだ。

    ロイターの取材によると、組織委では3月に入って、通常開催できない場合に備えた代替案の検討に着手。

    同関係者の1人はロイターに対し「(組織委で)延期する場合のシミュレーション、費用の試算がすでに始まっている」とし、別の関係者は「1年か2年の延期について水面下で話し合っている」と語った。

    組織委では延期の期間だけでなく、大会の規模縮小や無観客での開催など、実施方法についても選択肢を検討しているという。

    続きはソースで
    2020年3月22日
    https://jp.reuters.com/article/tokyo-olympics-alternatives-idJPKBN2190DG


    【【速報】東京五輪を「無観客」での開催を検討中】の続きを読む



    (出典 www.jp.playstation.com)



    1 ばーど ★ :2020/03/13(金) 17:30:24.40

    IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は12日、ドイツのテレビ局のインタビューの中で、東京オリンピックの予定どおりの開催を目指していると強調した一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、WHO=世界保健機関から大会の中止を求められた場合は、開催を断念せざるをえないという考え方を示しました。

    IOCのバッハ会長は12日、地元ドイツの公共放送ARDの番組に出演しました。

    この中でバッハ会長は、東京オリンピックについて「7月24日に開会式ができるよう全力で取り組むととともに、アスリートたちが万全な準備をできるよう、あらゆる手を尽くし大会を成功させたい」と述べ、予定どおりの開催を目指していると強調しました。

    また、感染が拡大している新型コロナウイルスの問題に対応するため先月中旬、WHOなどと対策チームを立ち上げたことについても触れ「週7日、24時間態勢で状況を注視している」と述べました。

    一方、インタビュアーから、WHOに大会の中止を求められた場合の対応について聞かれたバッハ会長は「WHOの助言に従う」と答え、そのときは開催を断念せざるをえないという考え方を示しました。

    東京オリンピックをめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が懸念される中、聖火リレーが12日からギリシャで始まり、聖火は、20日に日本に到着する予定となっています。

    2020年3月13日 17時25分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200313/k10012330131000.html


    【東京五輪、 WHOから中止を求められたら開催断念】の続きを読む



    (出典 low-theme.com)



    1 ガーディス ★ :2020/02/20(木) 08:28:47.08

    今夏の五輪「ロンドン開催を」=新型肺炎で市長選候補名乗り
    【ロンドン時事】5月に行われるロンドン市長選の主要2候補が19日、日本での新型肺炎の感染拡大を理由に今夏の東京五輪が中止となった場合を念頭に、
    2012年の五輪が開かれたロンドンでの代替開催の誘致に名乗りを上げた。
    国政与党・保守党公認候補として出馬するショーン・ベイリー氏はツイッターで「2020年、ロンドンは再び五輪を開催できる」と宣言。
    「われわれにはインフラと経験がある。そして(新型)コロナウイルスの発生により、世界はわれわれの介入を必要とするかもしれない」と東京五輪中止の可能性に言及。
    「市長として、私はロンドンが呼び掛けに応え、五輪を開催する準備があると明確にする」と表明した。
    一方、サディク・カーン現ロンドン市長(国政最大野党・労働党)の広報担当者も地域紙シティーAMに「誰もが東京大会の素晴らしい成功に向けて取り組んでいる」と指摘しつつ、
    「万が一求められた場合には、ロンドンは過去そうしてきたように、積極的な行動を取るために最善を尽くすだろう」と代替開催を示唆した。 
    https://article.auone.jp/detail/1/4/8/6_8_r_20200220_1582152922125760


    【ロンドンが代替開催を名乗り出る「東京に代わってオリンピックを開催する用意がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ