あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:スポーツ > 競馬


    ダノンシャーク (2008年産) リアルインパクト (2008年産) マルセリーナ (2008年産) ジェンテルドンナ (2009年産) ディープブリランテ (2009年産) スピルバーグ (2009年産) ヴィルシーナ (2009年産) ジョワドヴィーヴル (2009年産) キズナ (2010年産)
    162キロバイト (20,765 語) - 2019年7月31日 (水) 02:20



    (出典 chuplus.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/31(水) 10:58:08.11

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000274-sph-horse

    史上2頭目となる無敗の3冠馬で、種牡馬としてもJRA・G1馬38頭(51勝)を輩出したディープインパクト(牡17歳)が30日、
    けい養先の社台スタリオンステーション(北海道・安平町)で*だ。痛みがあった頸(けい)部の手術を28日に受けたが、
    翌29日午前に起立不能に。30日早朝に頸椎の骨折が判明し、回復の見込みが立たないことから安楽*処置が取られた。
    日本競馬界の至宝の死に、大きな衝撃が走った。

    ディープインパクトが首を痛めた原因について、社台スタリオンステーション事務局の徳武英介氏(57)は
    「種付け料を上げて(頭数を)絞っていくようにしていったが、種付け頭数に起因しているのではと言われたら、
    そうかもしれない」との見解を示した。

    初年度の07年から毎年のように200頭以上の種付けを行っており、人気種牡馬ならではの宿命として、
    肉体面に負担がかかっていた可能性は否定しなかった。

    ◆ディープインパクト 2002年3月25日生まれの鹿毛の牡馬。父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘア(父アルザオ)。
    通算成績14戦12勝。JRAのG1は、1984年シンボリルドルフ以来の史上2頭目となった無敗でのクラシック3冠制覇を含む
    7勝(05年皐月賞、日本ダービー、菊花賞、06年天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念)。07年から北海道安平町の
    社台スタリオンステーションで種牡馬入り。昨年は産駒がJRAで自己最多の265勝を挙げるなど、12年から7年連続
    リーディングサイアーに輝く。産駒はJRA重賞を204勝(うちG1・51勝)。


    【【競馬】ディープインパクトの死因は、毎年200頭以上の種付け頭数が肉体面に負担になったのが原因か?】の続きを読む


    ダノンシャーク (2008年産) リアルインパクト (2008年産) マルセリーナ (2008年産) ジェンテルドンナ (2009年産) ディープブリランテ (2009年産) スピルバーグ (2009年産) ヴィルシーナ (2009年産) ジョワドヴィーヴル (2009年産) キズナ (2010年産)
    160キロバイト (20,392 語) - 2019年7月30日 (火) 03:44



    (出典 www.sankei.com)



    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2019/07/30(火) 11:55:11.17


    (出典 i.imgur.com)

    マジ?


    【【競馬】ディープインパクト安楽死】の続きを読む


    グランアレグリア(西:Gran Alegria)は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2018年のサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)、2019年の桜花賞(GI)。馬名の意味はスペイン語で「大歓声」。 2016年1月24日、北海道安平町のノーザンファームで誕生。一口馬主法人「サンデーサラブレッドクラブ」
    9キロバイト (727 語) - 2019年4月7日 (日) 08:52


    昔は競馬よくやってた。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/04/07(日) 15:54:50.81 ID:ue+K1Bv+9.net

    全着順及び払戻金は後ほど
    以下掲示板分

    1 4 08 グランアレグリア   牝3/476(-6)/  1.32.7 . C.ルメール  55.0  藤沢 和雄
    2 8 16 シゲルピンクダイヤ. 牝3/458(+6)/ 2 1/2馬身 和田竜二 55.0  渡辺 薫彦
    3 2 04 クロノジェネシス     牝3/434(-4)/   クビ.  北村友一 55.0  斉藤 崇史
    4 7 15 ダノンファンタジー.   牝3/462(+2)/   ハナ   川田将雅 55.0  中内田 充正
    5 7 14 ビーチサンバ      牝3/470(-6)/   クビ.  福永祐一 55.0  友道 康夫

    ※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

    yahoo競馬
    https://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1909020611/
    JRA(「競馬メニュー」内から「競走成績」をクリックし、該当競走をご覧ください)
    http://jra.jp/sitemap/index.html


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【競馬】桜花賞(阪神・G1) グランアレグリア(ルメール) 今年初戦でもスピードが違う!圧勝!強すぎ】の続きを読む



    (出典 prc.jp)



    1 THE FURYφ ★ :2019/04/03(水) 14:27:55.83

    牝馬として64年ぶりにダービーを制すなど、G1・7勝を挙げたウオッカが、蹄葉炎のため1日に*でいたことが3日、明らかになった。
    15歳だった。

    現役引退後は繁殖牝馬としてアイルランドで繋養されていたが、2月23日から英国ニューマーケット近郊の牧場に移動。3月10日の早朝、
    スタッフが馬房内で右後肢の異変に気付き、病院に搬送されたという。その後は右後肢第3指骨粉砕骨折が認められ、手術を行うなど
    回復に向けての処置が続けられたものの、両後肢に蹄葉炎が発症。回復の見込みがなくなったことから、1日の午後に安楽死処分となった。

    過去10戦で手綱を取った武豊は「僕にとって大変思い出深い馬でした。名馬と呼ぶにふさわしい馬だと思います。ファンの多い馬でしたし、
    本当に残念なニュースです。ご冥福をお祈りします」とコメントした。

    同馬は北海道静内町のカントリー牧場で生を受け、栗東・角居勝彦厩舎へ入厩。06年10月29日の京都でデビューした。同年の阪神JFを
    レコードで制して2歳女王に。翌年の桜花賞はダイワスカーレットに敗れて2着に終わったが、次戦はオークスではなくダービーを選択。
    1937年ヒサトモ、43年クリフジに続く史上3頭目の牝馬制覇を果たした。

    その後は同世代のライバル・ダイワスカーレットとの激闘の末、約2センチ差で08年天皇賞・秋を制すなど、日本競馬界のトップホースとして君臨。
    08&09安田記念連覇、ヴィクトリアマイル、ジャパンC-。積み上げたG1タイトル7勝は記録として言うまでもなく立派なものだが、その勝ちっぷりも含め、
    記憶にも残る名牝だった。

    10年ドバイワールドCを最後に現役を退く予定だったが、前哨戦のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンドワールド3(8着)後に鼻出血を発症。
    本番への挑戦を断念し、引退後は繁殖牝馬としてアイルランドで繋養されていた。現在、産駒ではタニノフランケル(父フランケル)が
    オープン馬として活躍している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000062-dal-horse


    【【悲報】武豊も涙、日本ダービー馬ウオッカが蹄葉炎で死す 】の続きを読む


    オグリキャップ(Oguri Cap、1985年3月27日 - 2010年7月3日)は、日本の競走馬、種牡馬である。「平成三強」の一頭。第二次競馬ブーム期に、ハイセイコーに比肩するとも評される高い人気を得た。 1988年度のJRA賞最優秀4歳牡馬、1990年度のJRA賞最優秀5歳以上牡馬および年度代
    136キロバイト (16,424 語) - 2019年3月5日 (火) 15:59


    最後の有馬記念覚えています。

    1 豆次郎 ★ :2019/03/14(木) 12:14:08.43 ID:0JomFodM9.net

    3/14(木) 10:34配信
    “芦毛の怪物”オグリキャップの血が絶滅の危機

     いよいよ終幕を迎える平成。その初頭に日本競馬界を震撼させたスーパーホースがいる。“芦毛の怪物”オグリキャップ。競馬ブームを日本中に巻き起こした。あれから約30年、オグリの直系の血がつながっていることをご存じだろうか。その1本の細い糸が今、途切れようとしている。優勝劣敗の世界に身を置くのが経済動物「サラブレッド」である以上、あらがえない運命なのか、それとも…。「オグリの血」の現状を緊急リポートする。


    ★武豊騎手「オグリキャップはスーパースターでしたから、ずっとつないできたその血が途絶えようとしているのは寂しいですし、何とか…って思いはあります。それも競馬の魅力の一つですから。良血が全部走るかといえば分からないし、オグリのような血統でも走るのが競馬でもありますから」

    ★オグリキャップ=1985~2010年。父ダンシングキャップ、母ホワイトナルビー。決して良血とは言えない血統背景ながらも、地方競馬デビューから中央のトップホースに上り詰め、同じく地方出身だったハイセイコーに続く第2次競馬ブームの立役者となった。通算成績は32戦22勝(中央20戦12勝、地方12戦10勝)。ラストランとなった90年の有馬記念「奇跡の復活V」は、17万人の“オグリコール”とともに、伝説として語り継がれている。

    全文はこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000005-tospoweb-horse

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】競馬🐴オグリキャップの血が絶滅の危機か?】の続きを読む

    このページのトップヘ