あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:スポーツ > スケート


    羽生 (はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック
    234キロバイト (23,346 語) - 2019年3月23日 (土) 13:02



    1 豆次郎 ★ :2019/03/23(土) 21:28:40.60

    3/23(土) 21:26配信
     フィギュアスケート世界選手権最終日(23日、さいたまスーパーアリーナ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)3位につけた五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=は合計300・97点で銀メダル。昨年11月の右足首負傷からの復帰戦で2年ぶり3度目の世界一はならなかった。宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は270・32点で4位、田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=は238・40点で14位だった。ネーサン・チェン(19)=米国=がルール改正後、世界最高の323・42点で2連覇を飾った。

     満員のスタンドが総立ちとなった。羽生は冒頭の4回転ループを成功させたが、続く4回転サルコーは着氷が乱れ、GOEで減点された。3回転ループ、後半の4回転トーループ、4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)のジャンプシークエンス、フリップ-トーループの2連続3回転、3回転半-オイラー-3回転サルコーを決め、右手でガッツポーズを作った。206・10点をたたき出し、その時点でトップに立ったが、直後に登場したチェンが圧巻の演技で最高得点を塗り替えられた。

     世界王者となった2014年は3位から6・97点差を、17年は5位から10・66点差を逆転した。グランプリ(GP)ファイナルとソチ五輪との同一シーズン3冠を成し遂げた14年の会場は、今回と同じさいたまスーパーアリーナだった。

     首位のチェンとは12・53点差で、16年にハビエル・フェルナンデス(スペイン)が羽生を逆転した史上最大の12・04点差より大きい。絶対王者は平昌五輪、そして過去2度の成功体験を逆転優勝への道標とするつもりだった。故障前と同じ4回転4本を跳ぶ構成で3度目の世界一を狙ったが、好敵手のチェンには届かなかった。  

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000603-sanspo-spo


    (出典 knowsfree.com)


    【【フィギュア】羽生、4回転ループ成功も逆転ならず銀。チェンが完璧、世界最高でV2】の続きを読む


    羽生 (はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック
    234キロバイト (23,361 語) - 2019年3月18日 (月) 14:51


    すごーい

    1 風吹けば名無し :2019/03/19(火) 15:40:11.13 ID:qWcSk59k0.net

    さすが俺たちの羽生やで


    (出典 asagei.biz)


    【【速報】羽生結弦がアジアで最もハンサムな顔の5位にランクイン♪】の続きを読む


    高木 美帆(たかぎ みほ、1994年5月22日 - )は、日本のスピードスケート選手。日本体育大学体育学部体育学科卒。日本体育大学助手。血液型O型。1500m世界記録(日本記録)及び3000mの日本記録保持者。スピードスケート女子五輪代表(2010年 - )。
    20キロバイト (2,219 語) - 2019年3月11日 (月) 01:59



    1 湛然 ★ :2019/03/11(月) 06:25:32.48 ID:7tptbkWW9.net

    [ 2019年3月11日 05:32 ]
    高木美帆 1500メートル世界新で優勝「満足はしていない できることはまだあるので」

     スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は10日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が1分49秒83の世界新記録で優勝した。従来のタイムを1秒02更新した。

     24歳の高木美はW杯通算10勝目で、うち8勝が1500メートル。9日は1000メートルで日本記録を樹立していた。

     ▼高木美帆の話 一つのレースに力を出し切れたことがうれしい。コーチとは1分49秒台を狙えると話しており、前向きにいけた。うれしい気持ちは強いが、満足はしていない。できることはまだあるので、追求していきたい。


    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/03/11/kiji/20190311s00078000150000c.html


    【【世界新】スピードスケートの高木美帆がW杯優勝】の続きを読む

    このページのトップヘ