あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:芸能 > お笑い


    太田 (おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文
    57キロバイト (7,841 語) - 2019年4月3日 (水) 08:03



    1 ストラト ★ :2019/04/10(水) 11:00:34.71

    爆笑問題の太田光(53)が、自身の“先輩”だと主張するお笑いタレントぜんじろう(51)のツイートに「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだこの野郎」と怒りをあらわに反論した。

    事の発端は、7日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」内での太田の発言。
    番組では、ピエール瀧被告の騒動に関連して話題となっているぜんじろうのツイートを取り上げ、太田は「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」とツッコミを入れたが、これに対しぜんじろうはツイッターで「日本の芸能界で後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラっとする不思議(笑い)」と不快感を示した。

    太田は9日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、「おい、ぜんじろう。なんか俺に文句あんのか? 俺がぜんじろうを呼び捨てにしたって、怒ってるらしいじゃねぇか、おい、ぜんじろう」と言及。
    「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだこの野郎! はぁ? ふざけんじゃねぇ。何が『太田くん』だよ。お前から『太田くん』なんて呼ばれたた記憶なんか一個もねぇわ。お前、俺のことを『兄さん』って呼んでただろ、当時よ。どういうことだ? 頭打ったのか?」と、自身の負傷ネタをからめて猛反論した。

    太田は「ムカついてんのはこっちだわ。てめぇのこと、取り上げてやってんだ。『厄介なやつ』だっていうキャラクターを立てて言ってやってんだお前。みんな忘れてるだろうから、キャラクターもわからせようと思って言ってんだよ。それをなんだお前」と収まらない怒りをぶちまけた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-04100324-nksports-ent


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    【太田光、ぜんじろうに大激怒「頭打ったのか?てめぇ、いつから俺の先輩になったんだこの野郎!」】の続きを読む


    ビ番組『気分はジャマイカ』に出演。この当時は、自分を吉本にスカウトした人物からの指示でラッキーぜんじろうと名乗らされていた。 その後、ぜんじろうに改名し、同事務所の月亭かなめと漫才コンビかなめ・ぜんじろうを結成。コンビ結成から、わずか4日後に開催された1988年、第9回今宮子供えびすマンザイ新人コ
    31キロバイト (4,224 語) - 2018年11月2日 (金) 05:40



    1 Egg ★ :2019/04/09(火) 09:19:36.46

    東国原英夫(61)が電気グルーヴ・石野卓球(51)のツイートについて持論を展開。それに対してスタンドアップコメディアンとして国内外で活躍するぜんじろう(51)が反論し、ネットで大きな反響を呼んでいる。

    石野は4月4日同じく電気グルーヴのメンバーであるピエール瀧(51)が釈放される際、Twitterで《えー!? 死刑じゃないの?》《早く瀧に会いたいなー》などとツイートしていた。

    4月5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に出演した東国原はそういった石野の発言について「意地になってるんですかね? 石野さんは」とコメント。さらに「電気グルーヴを知らない人たちが見たときに“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」と語った。

    そんななか、ぜんじろうはTwitterを更新して東国原に反論した。

    《ここまで騒いで、叩いて、ましてや容疑者でもないメンバーのツイートの中身をあげつらって、正義面でこんなに叩いて商売してる番組を平気でやってるほうが “社会人として大丈夫なのか?”》

    このツイートは大反響を呼び、8,200件以上のリツイートと2万5千件以上の“いいね”を記録。さらに《卓球さんは容疑者ではないので叩く理由はないですね》《悪いのは当人。保護者たるプロダクションが謝罪するのはまだしも、なんで相方まで連帯責任追わないかんねんと毎回思ってます》といった声が上がった。

    東国原は6日にTwitterを更新し、 “社会人として大丈夫なのか”発言の真意を9つのツイートに分けて説明。さらに7日にも《不祥事を起こした本人もしくは本人の関係者等が謝罪・事情説明等をするかしないかはあくまで、本人もしくは本人の関係者の考え・価値観・判断次第です》と前置きし、《僕は、特に刑事事件等に関わる事案に関しては、コンビ・グループ・近しい関係者等の『何らかの謝罪・説明等があって然り』という立場です》とツイートした。

    しかし68万人以上のフォロワー数を誇る東国原だが、一連のツイートは多くて“200いいね”ほど。《東国原のやってることはモラルハラスメントなんだよ》《最後は、「謝罪するかどうかは本人の自由」って言い出した》《何の根拠もなしに自分達の考えが社会の規範だとか思ってるなら傲慢すぎるでしょ?》といった否定的な声が多く上がっていた。

    瀧被告の誕生日となる8日、石野はTwitterで《ツイッター今日でやめます》と宣言。その理由について《いっぱい変なの湧いてきたので》としている。

    2019年4月8日 19時36分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16286151/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【石野卓球ツイート批判の東国原英夫に ぜんじろう痛烈反論で25000いいね!】の続きを読む


    千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年3月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者であり、お笑いコンビ千原兄弟のボケを担当。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。 京都府福知山市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都共栄学園中学校卒業。京都共栄学園高等学校中退
    41キロバイト (6,003 語) - 2019年4月6日 (土) 13:06



    1 ストラト ★ :2019/04/08(月) 17:39:30.27

    お笑いタレントの千原ジュニアが、毎年4月に総理大臣主催で行われる「桜を見る会」への誘いを辞退していたことを明かした。

    7日に自身がMCを務めるAbemaTV『Abema的ニュースショー』に出演した千原ジュニアが「桜を見る会」への参加辞退を明かしたのは、政府による3度目となる国民栄誉賞の打診を固辞したイチローの話題について議論が及んだ時だった。

    この問題について“さとり世代”や“マイルドヤンキー”などの名付け親として知られるマーケティングアナリストの原田曜平氏(42)が「昭和のスターの王さんと、平成のスターのイチローさんとではキャラが違っている。王さんは国民栄誉賞を受賞後も人格者として、対するイチローさんはスーパースターなんだけど、どこか生意気だったり、斜に構えていたりする。この世代は団塊ジュニア世代と言われていて、ちょっと反発的。人口が多いうえに景気が悪くなり、競争意識が強い」など世代的な特徴を踏まえたマーケティング観点からの考察を披露すると、千原ジュニアが即座に反応を示した。

    原田氏の指摘に「確かに」と反応したイチローと同世代の千原ジュニアは「全く違いますけど」と話を切り出すと、「(安倍首相主催の)桜を見る会に今年も声を掛けてもらったのですが、知らんおっさんと見たないわと思って断った。これも世代なんですかね?」と質問。
    原田氏は「おそらく、そういう特徴はあると思う」と答えた。

    スタジオが静かになった次の瞬間、再び口を開いた千原ジュニアは「(兄の)せいじやったら、ヒョイヒョイ行くもんな」と話すと、一転して笑いを誘っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00010019-abema-ent

    千原ジュニア

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【なぜ?千原ジュニアが安倍首相主催の“桜を見る会”を辞退したことを告白】の続きを読む


    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、ピン芸人、司会者、女優、歌手である。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。東京NSC12期生。現在ニューヨーク在住。 父母姉本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正した
    36キロバイト (4,718 語) - 2019年4月8日 (月) 09:01


    人気あるのでいけるかも。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/09(火) 07:25:12.37 ID:0Yuc7o/v9.net

     タレントの渡辺直美(31)が、昨年末に米国の「アーティストビザ」を取得し、4月から本格的にニューヨークを拠点として生活していることが8日、分かった。渡辺は自身のインスタグラムで、すでにニューヨークでの住居や銀行、携帯電話の契約を完了したことなどを報告。当面は日本と米国を往復する生活になるといい、「“生き様が、芸人”でありたい」と、新たな挑戦に向けて強い意気込みを示した。

     “和製ビヨンセ”が、本家に劣らず、世界に認められた存在であることを証明した。

     渡辺が取得したのは、通称「卓越能力者ビザ」と呼ばれる「O-1ビザ」。有効期間は基本的に3年間で、その後1年ごとの更新が可能。取得へのハードルは極めて高く、「有名な作品や公演に主役として出演したことがある、またはする予定である」など、数々の条件リストから3項目以上に合致する必要がある。

     渡辺は2016年に、ニューヨーク、ロサンゼルス、台北の3都市でワールドツアーを開催。国際的な実績を積んだ。世界のセレブからも引っ張りだこで、昨年は中国・上海で、世界最大の流通企業と称されるアリババグループ主催の音楽番組「天猫双11狂歓夜」にも出演。ビザ取得に必要な「スポンサー」の存在にも事欠かない。

     日本でもメディアに引っ張りだこだが、「レギュラー番組は隔週収録以外の番組は卒業させて頂きました」と準備は万端。実際にNHK「土曜スタジオパーク」(土曜、後1・50)、TBS「アカデミーナイトG」(火曜、深夜1・58)などは、3月をもって降板した。日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜、後7・56)内の「ゴチになります!」に関しては、インスタで「ちなみにゴチは普通にクビですw」と明かした。

     関係者によると、現状で米国では大きな仕事は決まっていないという。「自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w悪かったら即帰るわw」と宣言。「ダサいこと言っていい?www『“生き様が、芸人”でありたい』」とジョーク混じりに抱負をつづった。


    4/9(火) 5:59配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000004-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)


    【渡辺直美、米アーティストビザ取得し、4月から移住 日本との往復生活へ】の続きを読む


    安藤なつ「令和 和令 え、すご」 - SANSPO.COM
    お笑いコンビ、メイプル超合金のカズレーザー(34)が1日、ツイッターを更新。新元号「令和」が発表されると、「びっくりしました」とツイートした。カズレーザーの本名は「金子和 ...
    (出典:SANSPO.COM)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/08(月) 18:00:17.46

    最近はファッションタトゥーを楽しむ人も多く、芸能界にもタトゥーを入れている人が少なくありません。タトゥーのイメージがない人が「実は入れている」なんてこともあるようです。
    そこで今回は、実はタトゥーが入っている意外な女性有名人について探ってみました。

    1位 安藤なつ
    2位 宮沢りえ
    3位 澤穂希
    4位 夏川りみ
    5位 島袋寛子
    6位 森泉
    7位 工藤静香
    8位 松嶋尚美
    9位 安室奈美恵
    10位 大貫亜美
    11位 吉川ひなの
    12位 水原希子
    12位 市井紗耶香
    14位 飯島直子
    15位 酒井法子
    16位 叶恭子
    17位 相川七瀬
    17位 BoA
    19位 道端アンジェリカ
    19位 上原さくら
    21位 道端ジェシカ
    21位 LiLiCo
    23位 中島美嘉
    23位 RIKACO
    25位 吉村由美
    26位 浜崎あゆみ
    26位 青山テルマ
    28位 大屋夏南
    28位 小柳ゆき
    31位 鬼束ちひろ
    31位 倖田來未
    33位 土屋アンナ
    34位 梅宮アンナ
    35位 REINA
    36位 小森純
    36位 美奈子
    38位 Chara
    38位 紅蘭
    40位 今宿麻美

    http://news.livedoor.com/article/detail/16282749/
    2019年4月8日 7時30分 gooランキング


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】実は「タトゥー」を入れてる意外な女性有名人ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ