あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:芸能 > テレビ


    『NHK紅白歌合戦』(エヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、日本放送協会(NHK)が1951年(昭和26年)から大みそかに放送している男女対抗形式の大型音楽番組。日本の長寿番組の一つ。通称は『紅白』。 女性アーティストを紅組(あかぐみ)、男性アーティストを白組(しろぐみ)に分け、対抗形式で歌や演
    200キロバイト (20,359 語) - 2020年1月2日 (木) 04:37



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 Egg ★ :2020/01/02(木) 19:27:59.71 ID:vjOos7Pv9.net

     昨年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)の後半(第2部、後9・00)の平均視聴率が歴代最低となる37・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

     ラグビーワールドカップ(W杯)で初のベスト8入りを果たした日本代表の奮闘をたたえる企画や、ビートたけし(72)、竹内まりや(64)など豪華な顔ぶれが登場して反響を呼んだが、後半では前年の41・5%から4・2ポイントダウン。15年の後半視聴率39・2%を下回り、2部制になった1989年以降、歴代最低の数字となった。40%の大台を割ったのは17年以来6度目。

     関西地区の第2部平均視聴率は36・2%(前年比4.3ポイント減)。前半部分の第1部は、関東が34・7%、関西は31・9%だった。

     令和で初、節目の70回、東京五輪前最後と記念づくしだった今回の紅白。ラグビーW杯で沸いた19年、松任谷由実がラグビーをテーマにした「ノーサイド」をテレビで初披露したほか、ビートたけしが歌手として初出場し下積み時代の思い出を歌った、自身作詞・作曲の名曲「浅草キッド」を熱唱。紅組トリをMISIAが、大トリは今年いっぱいで活動休止する嵐が務め、令和初の紅白を盛り上げた。

     4年間続けてきたテーマ「夢を歌おう」で放送するラストイヤーとなった今回・総合司会を内村光良(55)、白組司会を嵐の櫻井翔(37)、紅組司会を女優の綾瀬はるか(34)が務めた。

     同局実施本部長の二谷裕真氏は「今年はいよいよ、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。そんな夢と希望にあふれる2020年への橋渡しとして、紅白は『夢を歌おう』」というテーマを4年計画で揚げてきました。その最終年、第70回紅白では嵐と米津玄師さんという夢のコラボでNHK2020ソング『カイト』を初披露するなど、歌の力でたくさんの夢を応援することができたと自負しております」とコメントした。

     平成最後となった前回18年はフィナーレでサザンオールスターズの桑田佳祐(63)と松任谷由実(64)による“奇跡”の共演、北島三郎(83)の5年ぶり復帰、シンガー・ソングライター、米津玄師(28)のテレビ初歌唱などが大きな反響を呼び、後半で41・5%と2年ぶりに大台回復していた。

    1/2(木) 11:47配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000073-spnannex-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ2020/01/02(木) 11:51:32.77
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577947891/


    【【NHK紅白歌合戦】後半視聴率37・3%で歴代ワースト】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    子供の頃は楽しみだったが今は・・・それだけヒット曲がない

    1 ジョーカーマン ★ :2019/11/16(土) 00:14:00.49 ID:9ihFbUpD9.net

    第61回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)の各賞が15日発表され、「日本レコード大賞」候補の優秀作品賞10曲と、「最優秀新人賞」候補の新人賞4組などが決まった。

    優秀作品賞には、史上最多連続タイ記録の3連覇がかかる乃木坂46の「Sing Out!」など、秋元康氏(61)プロデュースの楽曲は4曲入選。
    姉妹グループから3年連続となる欅坂46の「黒い羊」に加えて、日向坂46も「ドレミソラシド」で初選出された。

    さらに、10年連続となるAKB48の「サステナブル」も選ばれている。

    優秀作品賞10曲のうち、同じプロデューサーで4曲を占めるのは過去最多。
    1996年に安室奈美恵(42)の「Don’t wanna cry」、華原朋美(45)の「I’m proud」、globeの「DEPARTURES」で3曲を受賞した小室哲哉氏(60)の記録を塗り替える。

    昨年の第60回は、乃木坂46が「シンクロニシティ」で大賞を2年連続で受賞。
    欅坂46の「アンビバレント」と、AKB48の「Teacher Teacher」が優秀作品賞を受けた。
    また、STU48が新人賞に選ばれており、秋元氏プロデュースの4組が平成最後の賞レースを盛り上げた。

    大賞と最優秀新人賞を決める最終審査当日の模様は、TBSが「第61回輝く!日本レコード大賞」と題して午後5時30分から生放送する。

    主な受賞者と受賞曲は以下の通り

    【優秀作品賞】「ECHO」Little Glee Monster、「片隅」三浦大知、「黒い羊」欅坂46、「サステナブル」AKB48、「純烈のハッピーバースデー」純烈、「Sing Out!」乃木坂46、「大丈夫」氷川きよし、「ドレミソラシド」日向坂46、「P.A.R.T.Y.~、ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP、「パプリカ」Foorin

    【最優秀歌唱賞】市川由紀乃

    【新人賞】海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青

    【特別賞】菅田将暉、竹内まりや、米津玄師

    【最優秀アルバム賞】「9999」THE YELLOW MONKEY

    【優秀アルバム賞】「いつか、その日が来る日まで...」矢沢永吉、「瞬間的シックスセンス」あいみょん、「Sympa」King Gnu、「美らさ愛さ」夏川りみ

    【作曲賞】岩崎貴文「限界突破×サバイバー」(歌・氷川きよし)

    【作詩賞】石原信一「最北シネマ」(歌・松原健之)「雪恋華」(歌・市川由紀乃)

    【編曲賞】大橋卓弥/常田真太郎「青春」(歌・スキマスイッチ)

    【企画賞】「GUNDAM SONG COVERS」森口博子、「大航海2020~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」高田夏帆、「微吟」ちあきなおみ、「My Bouquet」伊藤蘭、「Love Covers」ジェジュン、「令和」ゴールデンボンバー

    【日本作曲家協会選奨】丘みどり

    【功労賞】金井克子、園まり、袴田宗孝、ビリー・バンバン

    【特別功労賞】有馬三恵子、内田裕也、千家和也、萩原健一

    ※各項目50音順、敬称略

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000224-spnannex-ent

    AKB48

    (出典 pbs.twimg.com)

    乃木坂46

    (出典 pbs.twimg.com)

    欅坂46

    (出典 pbs.twimg.com)

    日向坂46

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【日本レコード大賞】大賞候補10曲決定!乃木坂46が3連覇なるか? AKB48、欅坂46、日向坂46も選ばれる「パプリカ」ダークホースか?】の続きを読む



    (出典 yorozu-do.com)


    事前の予想通り。サプライズなし。

    1 ひかり ★ :2019/11/14(木) 15:12:20.63 ID:e3jGExBp9.net

    大みそかに放送される「第70回NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表会見が11月14日、東京・渋谷のNHK放送センターで開かれ、俳優の菅田将暉さん、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」、アイドルグループ「日向坂46」らが初出場することが分かった。

     そのほか、ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」、シンガー・ソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースした「パプリカ」で知られる子供ユニット「Foorin(フーリン)」の紅白初出場も発表された。

     「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務める。NHK総合ほかで12月31日午後7時15分~同11時45分にNHK総合ほかで放送される(途中ニュースで中断あり)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000008-mantan-ent


    【【速報】NHK紅白歌合戦、菅田将暉、キスマイ、日向坂46が初出場 AKBも出場】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    パプリカ入ってないんだ。森昌子はでないと言ってたが

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/07(木) 08:29:53.97 ID:h89r4L3O9.net

    「令和になって初めてということもあって、スタッフの気合は昨年以上。しかし、出場歌手選考はかなり難航しているそうです。
    目立ったヒット曲が少なく、サプライズ候補探しに奔走していると聞いています」(NHK関係者)

    大晦日の風物詩、NHK紅白歌合戦。10月18日には紅組司会を綾瀬はるか(34)、白組司会を嵐の櫻井翔(37)が務めると発表され、11月下旬に予定されている出場者発表への期待は高まるばかり。
    NHK内でもごく一部のメンバーだけで進められると言われている出場者の選考会議。
    そんな極秘の当落速報を総力取材!

    まず、成功を大きく左右するといわれているのが初登場組。そのなかでもいちばんの目玉候補が、広瀬すず(21)主演の連続テレビ小説『なつぞら』で主題歌を担当したスピッツだ。

    「これまで何度もNHKは出演オファーを出してきましたが、全て断られていました。しかし今年は朝ドラ100作目という節目の主題歌を担当し、老若男女問わず幅広い世代に楽曲が浸透しています。
    10月には9年ぶりにNHKの音楽番組『SONGS』にも出演するなど、お膳立ては十分。
    ファンを公言している草刈正雄さん(67)など『なつぞら』の出演者が応援に駆け付ける演出も計画しているといいます」(音楽関係者)

    スピッツと並んで期待されるのが、歌手としても活躍している菅田将暉(26)だ。

    「例年、8月に紅白制作チームを立ち上げるのですが、最初に出演交渉をしたのが菅田さんだといいます。
    菅田さんは今年、全国ツアーを開催するなど歌手活動を精力的に行っており、高い歌唱力が評価されているようです」(前出・音楽関係者)


    (出典 image.news.livedoor.com)

    一部しか知らない紅白出場者内定リスト

    フレッシュな若手起用は他にも!

    「常連だったEXILEと三代目J SOUL BROTHERSが大規模なカウントダウンライブを実施するので今年は欠場する可能性が高いです。
    そこでボーカルの片寄涼太さん(25)を中心に人気急上昇中の“弟グループ”GENERATIONS from EXILE TRIBEにオファーしているといいます。
    また、映画の主題歌がストリーミング配信サービスで1億回再生を記録した“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismの出場はほぼ確実でしょう」(前出・音楽関係者)

    令和初にふさわしい新星たちの共演で、課題であった若年層の取り込みなるか――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17343828/
    2019年11月7日 6時0分 女性自身


    【【紅白】EXILEと三代目は紅白欠場濃厚でGENERATIONS初出場か?紅白出場者内定リスト】の続きを読む


    FNSの日 > FNS27時間テレビ 『FNS27時間テレビ』(エフエヌエスにじゅうななじかんテレビ)は、1997年以降の『FNSの日』の通称であり、1年に1度生放送されている日本の長時間特別番組。その年のメインコンセプトテーマに沿った内容となる。2005年以降は放送時間が25 - 26時間
    52キロバイト (7,317 語) - 2019年11月2日 (土) 05:23



    (出典 news.mynavi.jp)


    24時間テレビもそうだけど長いと見ない。

    1 Egg ★ :2019/11/05(火) 09:26:41 ID:kgC5XcLG9.net

    フジテレビ「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録した。

     番組のエンディングを飾る「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)は8・3%だった。

     1987年のスタートから33回目を迎えた今年は史上初の11月放送。3年ぶりに生放送で放送した。「にほんのスポーツは強いっ!」をテーマに、ビートたけし(72)が3年連続8回目の総合司会。「関ジャニ∞」の村上信五(37)と3年連続でタッグを組んだ。

     27時間通しての平均視聴率は「女子力」をテーマにした2013年が9・8%、SMAPが総合司会を務めた14年が13・1%、ナインティナインが4年ぶり3回目の総合司会を務めた15年が10・4%、明石家さんま(63)や「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)らがリレー方式でMCを務めて各番組をつないだ16年が7・7%だった。

     例年7月下旬に生放送で行われてきたが、17年で初めて9月放送&ほぼ収録となり、お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、内容を一新した。17年は「にほんのれきし」をテーマに、バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史を掘り下げ、平均視聴率は8・5%だった。18年は、「にほん人は何を食べてきたのか?」というテーマを掘り下げ、平均視聴率は7・3%だった

    11/5(火) 9:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000110-spnannex-ent


    【【悲報】フジテレビ「27時間テレビ」が歴代最低視聴率5・8% 瞬間最高は「サザエさん」の12・8%】の続きを読む

    このページのトップヘ