あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:国内ニュース > 飲食



    (出典 www.ssnp.co.jp)


    個人的にはコカ・コーラよりペプシが好き

    1 牛丼 ★ :2019/12/09(月) 02:43:37.31 ID:5aMEqZNh9.net

    近所のスーパーやコンビニエンスストアなど、どこでも気軽に買える炭酸飲料。バリエーションが豊富なため、人によってお気に入りの商品もさまざまですよね。そこで今回は、数ある炭酸飲料の中で「結局一番うまいのはこれ!」と思った商品をアンケート、ランキングにしてみました。

    1位 コカ・コーラ
    2位 三ツ矢サイダー
    3位 ファンタ グレープ

    1位は「コカ・コーラ」!

    1位には、1886年にアメリカのジョージア州で誕生した炭酸飲料の大定番「コカ・コーラ」。好奇心から香りの良いキャラメル色のシロップを調合した薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が、シロップを近所の薬局に持ち込んで炭酸水と合わせたことで生まれた「コカ・コーラ」。1985年には、業績が伸び悩んでいたコカ・コーラ社が長年親しまれてきた味を変更する「ニュー・コーク騒動」もありましたが、オリジナルの味を愛する消費者の猛反発を受け、同年のうちに元に戻されています。これほど多くの人が味にこだわりを持つ商品であることを考えると、今回の結果も納得ですね。

    2位は「三ツ矢サイダー」!

    2位には、日本生まれの炭酸飲料「三ツ矢サイダー」。「三ツ矢サイダー」が現在の商品名となったのは1968年ですが、ルーツとなる炭酸水「平野水」が発売を開始したのは1884年というロングセラー商品です。その後、1952年には甘味成分に砂糖のみを使用した「全糖三ツ矢シャンペンサイダー」が登場しますが、砂糖が貴重だったこともあり、当時はぜいたくな飲み物として話題になったそうです。
    今でこそ誰もが気軽に飲める国民的炭酸飲料としておなじみの「三ツ矢サイダー」。ぜいたく品として扱われていた時代があったというのは面白いエピソードですよね。

    3位は「ファンタ グレープ」!

    3位にランク・インした「ファンタ グレープ」は、1位と同じくコカ・コーラ社が販売している人気の炭酸飲料です。1957年に日本で製造・販売を開始した「コカ・コーラ」に比べると後発商品のイメージを持つ人もいるかと思いますが、日本での初登場はわずか1年遅れの1958年。発祥の地となったドイツや、アメリカでは当時すでに人気の商品だったのだとか。
    ブランドイメージの親しみやすさから若者層を中心に支持を集めていますが、子どもの頃からこの味に親しんでいるという中高年層も少なくないのではないでしょうか?
    いかがでしたか?
    数え切れないほどのバリエーションが存在する炭酸飲料ですが、やはり人気が高いのは長く親しまれている定番の味というのがよく分かる結果となりました。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どの炭酸飲料が好きですか?
    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:3,456票
    調査期間:2019年10月31日~2019年11月14日

    https://ranking.goo.ne.jp/column/6248/?page=all
    4位以下!
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6248/ranking/52360/


    【【調査】結局一番うまい炭酸飲料ランキング!】の続きを読む



    (出典 sogyotecho.jp)


    そうなるでしょうね

    1 スタス ★ :2019/10/04(金) 11:53:11.41

    まぶる@puchimablue
    軽減税率すげぇ…毎日居座ってた老人たちが完全に一掃されてる…
    10月3日 19:15
    いいね:1,127
    リツイート:917

    (出典 i.imgur.com)


    【【軽減税率】フードコート、イートインスペースがガラガラ(画像あり)】の続きを読む


    に次いで第2位である(沿革参照)。 本社所在地は、東京都中央区で、日本国だけでなく中華人民共和国、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、アメリカ合衆国、カンボジア、インドネシアにも支店を持つ。愛称・通称は「吉牛(よしぎゅう、吉野家の牛丼の略)」(後述)。吉野屋は誤記。 吉野家
    136キロバイト (19,484 語) - 2019年7月19日 (金) 11:41



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 :2019/08/13(火) 12:22:33.36 ID:hAwbNfQ90●.net BE:115523166-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

     今年、創業120周年を迎えた大手牛丼チェーンの吉野家は、あす14日から吉野家初の牛
    サーロインを使った『特撰 すきやき重』の販売を開始する。販売数は全国で約50万食を予
    定しており、売り切れ次第、販売終了となる。

     同商品は、サーロインをすきやきにし、生玉子、みそ汁、お新香をセットにし、牛丼大盛り
    より多い生肉120グラムを使用している。牛丼の具を煮込む肉鍋からよそったタレでサーロ
    インを柔らかく煮上げ、ご飯に盛り付けた後、特性のすきやきのタレをかける。

     サーロインは北米産のものを使用し、相場価格に変動が出ないように1年前ほどから買
    いため。肉の厚さも0.1ミリずつ調整していき、スライスした肉が最も柔らかく美味しい味に
    仕上がったという1.8ミリを採用することとなった。牛丼に使用する牛肉に比べても原材料は
    倍以上かかっているという。

     価格は797円(税込み860円)。競馬場など、一部の店舗では販売されない。

    https://www.oricon.co.jp/news/2142042/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【吉野家初の牛サーロインを使った『特撰 すきやき重』14日から販売開始 860円】の続きを読む



    (出典 asagei.biz)



    【【●●●】原宿にオープンの「タピオカランド」が酷過ぎると話題に 入場料1200円、4店舗しかない、トイレ無し、再入場禁止など】の続きを読む


    ほっともっと(ローマ字:Hotto Motto)は、株式会社プレナスが九州・山口地方を中心に、日本全国・中国・韓国に店舗を展開している持ち帰り弁当のチェーン店。2012年(平成24年)現在、日本の持ち帰り弁当業界で最大の店舗数を誇る。 ほっほっか亭との分裂
    20キロバイト (2,663 語) - 2019年7月7日 (日) 01:47



    (出典 img.job-gear.jp)



    1 ガーディス ★ :2019/08/09(金) 20:06:51.25

    2019年8月9日 18時51分
    朝日新聞デジタル

     持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)は9日、全国の直営店190店を9月以降に閉店すると発表した。

     人手不足による人件費高騰で店舗の運営費が上昇しており、不採算店を中心に閉めて構造改革を急ぐ。

     プレナスは7月末現在、「ほっともっと」を全国で計2731店運営している。このうち直営店は911店舗で、閉店対象は約2割に上る。同社はこれまで直営店運営から、別のオーナーが運営を担う加盟店化を進めてきたが、採算がとれない店では加盟店化することが難しいと判断した。

     閉店に関する費用計9億5千万円を販売管理費に追加計上するとして同日、2020年2月期決算の業績予想を下方修正した。純損益は当初計画の2億4千万円の黒字から、8億3千万円の赤字に転落する見通し。通期の赤字は2年連続となる。売上高も当初計画の1592億円から、1533億円に下方修正した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16906331/

    (出典 www.hottomotto.com)


    【【悲報】弁当のほっともっと、直営店190店を閉店へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ