あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    カテゴリ:芸能 > ドラマ


    なつぞら』は、2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作目のテレビドラマである。2019年4月1日から9月28日まで放送される予定。 連続テレビ小説第100作の記念作品。1937年(昭和12年)に東京に生まれ、戦争で両親を失い父の戦友に引き取れた戦災孤児の少女・奥原なつ
    121キロバイト (17,762 語) - 2019年7月15日 (月) 08:37



    (出典 www.eastasiabarometer.org)


    草刈おんじが出ると見ごたえがあるが

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 06:18:48.61

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、視聴者からの不満が高まっている。

    広瀬すず主演の『なつぞら』。戦争で両親を亡くした少女が北海道・十勝の開拓者一家に引き取られ、
    やがて東京でアニメーターを目指すようになるというストーリーが描かれている。
    朝ドラ100作目ということもあり放送前から話題を集めていたが、4月1日からの放送開始以降、
    2週にわたって描かれた幼少期編は「泣ける」「感動する」として大反響を呼んでいた。

    現在、『アニメーション編』が描かれている本作だが、視聴者からの評判はすっかり落ちてしまったという。

    「実は『東京・新宿編』に突入して以降、視聴者からの評判が落ち始めているとのこと。
    当初は、『北海道・十勝編』の反動では? と言われていたものの、主人公・なつの身勝手さが目立つようになってきた。
    『なつぞら』の登場人物たちは基本的に無条件で親切になつに接するのですが、なつはその親切さを無下にするように反発することもしばしば。
    第46話では、なつが川村屋に泊まっていることを知ったなつの兄・咲太郎(岡田将生)が、ひどい目に遭っていると勘違いしてなつを迎えに来る一幕がありましたが、
    これにマダム(比嘉愛未)が『なつさんを幸せにできるの?』と忠告すると、なつはなぜか『マダムは、兄の何を知ってるんですか!』と反発。
    初対面で泊まる場所まで提供してくれた恩人に接する態度ではないと批判が殺到する事態に。
    『これも黒歴史朝ドラになるのか…』といった懸念も出ています」(ドラマライター)

    「黒歴史」と呼ばれた朝ドラといえば、18年上半期に放送された『半分、青い。』が挙げられるが――。

    「実は『なつぞら』と『半分、青い。』には共通点があると言われています。
    第78回でなつが幼なじみの天陽(吉沢亮)の結婚を聞かされたシーンがありましたが、なつはそれに対し明らかに動揺していました
    。『半分、青い。』でも、主人公の鈴愛(永野芽郁)がはがきで幼なじみの律(佐藤健)の結婚を知り、動揺しながらはがきを片手に住所まで押し掛けるという展開がありましたが、
    なつも鈴愛も、かつてその幼なじみから告白され、その告白をスルーした身。『振っておいて明らかに惜しいことしたって顔するのやめなよ…。
    鈴愛じゃん』『天陽くんなんて鼻にもかけてなかったのにショック受けるなんて鈴愛みたい』といったツッコミが多く聞かれました」(同)

    とはいえ、「なつはあの鈴愛よりも自分勝手」「他人が鈴愛に厳しかった分、なつの方が助長してタチ悪い」といった声も多く見受けられている。
    果たして『なつぞら』は今後どのような展開になっていくのだろうか――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16778489/
    2019年7月16日 6時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【朝ドラ】『なつぞら』、なぜ評判が落ちた? 伝説の“炎上朝ドラ”と共通点が・・・】の続きを読む


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    64キロバイト (6,795 語) - 2019年6月16日 (日) 11:46



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 ひかり ★ :2019/07/12(金) 09:42:48.14

    11日に放送された、女優深田恭子(36)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10時、初回15分拡大)の初回平均視聴率が8・4%(関東地区)だったことが12日、ビデオリサーチの調べで
    分かった。

    代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。深田が演じるのは、泥棒一家「Lの一族」の娘で、盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、図書館司書として働く
    三雲華。瀬戸康史(31)演じる華の恋人・桜庭和馬は、泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査三課の刑事だった。原作は横関大氏の同名小説。

    第1話で、図書館に勤める華(深田)は、恋人の和馬(瀬戸)の家族を初めて紹介されてガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先に
    ガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。

    その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子
    (小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも、他人様から失敬したものばかり。
    そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。

    一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家「Lの一族」を捕まえろと
    アドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、怪盗アルセーヌ・ルパンのような大胆不敵な犯行から「L」がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、
    その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-07100042-nksports-ent


    【【視聴率】深田恭子「ルパンの娘」初回8・4% 二桁届かず】の続きを読む


    福山 雅治(ふくやま まさはる、1969年2月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、タレント、音楽プロデューサー。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブ名は「BROS.」(日本国外居住者は「BROS
    232キロバイト (16,531 語) - 2019年6月2日 (日) 06:43



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/06/24(月) 10:04:26.27

    6/24(月) 9:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-06240167-nksports-ent

    福山雅治(50)主演のTBS系ドラマ「集団左遷!!」(日曜午後9時)の最終話が23日に放送され平均視聴率が13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。

    同ドラマは、50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の福山演じる支店長・片岡洋がリストラ寸前の行員たちと協力して大逆転に挑むというストーリー。福山は「組織人の葛藤や友情、家族愛を明るく描きつつ、笑えて泣ける。でも、深く納得でき作品だと思います」とPRしている。

    第1話からの視聴率は13・8%、8・9%、10・1%、9・2%、9・0%、7・8%、9・4%、11・9%、10・1%だった。

    最終話の内容は、ついに副頭取の座にまで上り詰めた横山(三上博史)。島津議員(石丸謙二郎)への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すという横山だが、片岡(福山雅治)は突っぱねる。

    梅原(尾美としのり)は最後の手段としてマスコミに告発することを片岡に提案。会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべく、決意を固めた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていく。しかし、それを知った横山の非情な仕打ちが襲いかかる。


    【【視聴率】福山雅治「集団左遷」最終話は高視聴率13・1%】の続きを読む


    いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリンピックばなし)は、2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作。単に『いだてん』とも。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック(1940年の予定
    116キロバイト (17,015 語) - 2019年6月23日 (日) 22:51



    (出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)



    1 ばーど ★ :2019/06/24(月) 09:29:26.68

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第24回が23日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・8%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。

    9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となっていたが、前回から0・9ポイントアップし、7%台となった。ただ、第6回から第24回まで19回連続で1桁の状態となっている。

    第24回は第1部の最終回。関東大震災により、東京は壊滅状態になり、治五郎(役所広司)が建設した神宮外苑競技場は避難所として人々を受け入れ、そこで富江(黒島結菜)ら女学生らも加わって傷ついた人々の救済に尽力する内容。四三(中村勘九郎)は心配する熊本のスヤ(綾瀬はるか)や幾江(大竹しのぶ)の元にわずかな時間だが帰省し、援助物資として食料を譲り受け、神宮で復興運動会を開催するなど、スポーツで人々を元気づける様子などが感動的に描かれた。

    ◆これまでの視聴率推移

    第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

    第2回は12・0%(関西地区11・5%)

    第3回は13・2%(関西地区11・6%)

    第4回は11・6%(関西地区12・0%)

    第5回は10・2%(関西地区11・7%)

    第6回は9・9%(関西地区8・0%)

    第7回は9・5%(関西地区8・6%)

    第8回は9・3%(関西地区7・7%)

    第9回は9・7%(関西地区8・3%)

    第10回は8・7%(関西地区8・6%)

    第11回は8・7%(関西地区8・9%)

    第12回は9・3%(関西地区8・3%)

    第13回は8・5%(関西地区7・7%)

    第14回は9・6%(関西地区7・4%)

    第15回は8・7%(関西地区8・4%)

    第16回は7・1%(関西地区8・0%)

    第17回は7・7%(関西地区8・6%)

    第18回は8・7%(関西地区7・2%)

    第19回は8・7%(関西地区6・6%)

    第20回は8・6%(関西地区7・2%)

    第21回は8・5%(関西地区6・9%)

    第22回は6・7%(関西地区6・0%)

    第23回は6・9%(関西地区7・5%)

    6/24(月) 9:25
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-06201026-nksports-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【視聴率】NHK大河「いだてん」24話も7・8% で19回連続1桁】の続きを読む


    麒麟がくる』(きりんがくる)は、2020年(令和2年)1月から放送予定のNHK大河ドラマ第59作目。 2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己起用されること公表された。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局のドラマ『
    11キロバイト (1,292 語) - 2019年6月17日 (月) 14:13



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    来年は見ます

    1 muffin ★ :2019/06/17(月) 11:51:47.88 ID:uJQRNt609.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/17/kiji/20190617s00041000136000c.html
    2019年6月17日 11:04

    NHKは17日、主演の長谷川博己(42)が戦国武将・明智光秀を演じる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」(来年1月スタート、日曜後8・00)の新キャストを発表。片岡愛之助(47)、檀れい(47)、佐々木蔵之介(51)らの出演が決まった。片岡は今川義元役、檀は信長の母・土田御前役、佐々木は藤吉郎(秀吉)役を演じる。

    新キャストは片岡、檀のほか、煕子役の木村文乃、深芳野役の南果歩、稲葉義道役の村田雄浩、藤田伝吾役の徳重聡、足利義明役の滝藤賢一、三淵藤英役の谷原章介、細川藤孝役の真島秀和、松永秀久役の吉田鋼太郎の11人。

    片岡は主演の長谷川と連続テレビ小説「まんぷく」に続く共演。片岡は「長谷川さんとは『まんぷく』でご一緒で、一緒に出られたらいいよねって話していた。今までと違った役。強かった戦国武将を描き出したいということで、楽しみにしています」と意気込み。檀は「信長を母でありながら、弟をかわいがる母でいたい」を語った。

    光秀の正室である煕子を演じる木村は「ホッと一息できるようなあったかい人でいられたら」と笑顔を浮かべた。

    藤吉郎役の佐々木は「大河は13年ぶりで、光秀演じたことがあって、好きだなと思っていて、嬉しかったんですけど、大河で秀吉の方を調べると、先輩方がたくさんいて、歯が痛くなった。朝はちょっと腫れていた。光秀は*ないとおっしゃっていたんですけど、そうはいくまいと思っています」と笑わせた。

    新キャストを迎えた長谷川は「撮影も3週目に入り、白熱しています。休みに入ると起きられません。とにかく素晴らしいキャストの方に集まっていただき、なじみの深い俳優さんもいますし、共演初めての方もいて、すごく楽しみです。戦国時代は泥がかかったり、血のりがあったり、大変ですが、夫婦円満でラーメンを作っていた時代が懐かしい。このチームで一眼となってやっていきたい。大変ですけど、凄く現場は楽しいです」と力を込めた。

    この日は語りを歌舞伎俳優の市川海老蔵を発表されたほか、女流書家の中塚翠涛氏が手掛ける題字もお披露目された。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【次期大河ドラマ】長谷川博己主演「麒麟がくる」の新キャストら11人発表】の続きを読む

    このページのトップヘ