あなたが知りたいニュースちゃんねる

今、あなたが知りたい芸能、スポーツを中心に事件・事故、政治・経済などのニュースをまとめています。気になる記事を探してみてください♪♪

    2019年05月



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/31(金) 08:30:30.10 ID:tyd/DjRf9.net

    ◆ NGT48山口真帆事件で更迭「今村前劇場支配人」が明かした裏の裏

     あれだけ隆盛を誇ったAKBグループがひとりのアイドルの「告発」によって大揺れに揺れている。いまだ鎮火する気配がない炎上騒動について、沈黙を守り続けた名物「支配人」が初めて口を開いた。芸能マスコミを巻き込んだ狂騒劇を「大人」はどう観るべきか。

     都内の自宅から姿を現した「男」は、予期せぬ記者の直撃に動揺を隠せなかった。AKBグループのファンであれば誰もが知る渦中の人物――。

     新潟を拠点に活動する「NGT48」の前支配人・今村悦朗氏(59)である。当初は取材を固辞した今村氏は、しかし、ついに重い口を開いた。

    「今年1月に事件が表面化してからの4カ月あまり、僕は何の発信もさせてもらえず、自ら動くこともできませんでした。ただ、2015年にNGTを立ち上げてから、数多くのファンや新潟市の皆さんに支えられてきた僕には説明責任がある。何より、“山口”とはもっと丁寧に話し合って誤解を解く努力をすべきだった。彼女には本当に申し訳なかったと感じています……」

     本誌(「週刊新潮」)が今村氏に接触した前日、「山口」ことNGT48の山口真帆(23)は、他のメンバー2人と共に卒業公演に臨んでいた。

     昨年12月、彼女は自宅マンションで2人の男性ファンに襲われ、刑事事件へと発展した。犯人は直後に逮捕されたが、被害者である彼女はその後の運営側の対応について動画配信サイトで「告発」するに至った。

     そのなかで、〈今村さんだってクリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって、悪いことしてる奴らだって解雇するって言ったくせに、なんも対処してくれてなくて〉と名指しされたのが、この「前支配人」だった。

     事実上の「更迭」処分を受けて支配人を退いた今村氏は、それ以降、固く口を閉ざしてきた。

     その間、山口はSNS上で運営側への批判や、NGTメンバーと犯人たちとの「つながり」、つまりプライベートでの接触について言及し続け、ネット上だけでなく、芸能マスコミも彼女を擁護する声で埋め尽くされている。彼女が言わんとしたのは、自分を嫌うメンバーが実行犯と裏で共謀していたということ。疑いの目を向けられたメンバーへの脅迫が相次ぐ事態も勃発。今月20日にはメンバーの荻野由佳(20)に殺害予告を送りつけた男が逮捕されるなど、事態は深刻さを増すばかりだ。こうした現状に今村氏は、

    「僕にとっては山口も他のメンバーも同じように大事な存在なんです。怖い思いをした山口はもちろん、NGTに残ったメンバーが標的にされるのも本当にやり切れません。山口を襲った犯人たちにはいまも憤りを覚えますし、証拠もないまま疑われ続ける他のメンバーへの脅迫も決して許されるべきではないと思うんです」

     と語気を強めるのだ。

     では、この騒動を「大人」はどう観るべきなのか。

     まずは、すべての発端となった昨年12月8日の「事件」について、今村氏の言葉に耳を傾けてみよう。

    「あの日、スタッフと食事をしている最中にマネジャーから電話がありました。“山口が暴行されたようなのですぐに来てください!”と。衝撃でした。すぐさまタクシーに飛び乗って、現場に着くまでの間は山口がケガでもしてないかと気が気じゃなかった。途中でマネジャーから“山口が警察を呼んでほしいと言ってるんですが”と連絡があったので“分かった! すぐに警察を呼んで”と伝えました」

    ■ 複数のメンバーに聴取

     今村氏が現場のマンションに駆けつけると、山口やマネジャーは近くの公園にいた。実行犯の2人はすでに2台のパトカーに分かれて乗せられていたという。

     ネット上では、今村氏が犯行に及んだファンたちと癒着していたのではないかとも囁かれたが、

    「パトカーを覗いて2人の顔を確認しましたが、全く見覚えはなかった。僕が彼らと知り合いだった、しかも、癒着していたなんて絶対に有り得ません。握手会やイベントでファンと会話することはあっても、メンバーが嫌がる行為をすれば叱りつけ、出禁にしたこともあります」

     今村氏はメンバーに常々、「特定のファンと深くつながったら、真剣に握手会やイベントに来てくれるファンを裏切ることになるんだよ」と諭してきたそうだ。

     実際、ファンとのLINEのやり取りが発覚したメンバーを叱り、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)に返信することも禁じていた。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    2019/5/31(金) 8:01 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00562487-shincho-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【NGT48】山口真帆事件で更迭された今村前劇場支配人が明かした裏の裏】の続きを読む


    中井 りか(なかい りか、1997年8月23日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループNGT48のメンバーである。愛称はりか姫、りかちゃん。富山県富山市出身。太田プロダクション所属。 富山県の立山連峰が見える郊外の住宅地で育った。幼稚園の頃は人前に立つのが好きな「何をしても目立つ子」であった
    19キロバイト (2,328 語) - 2019年5月26日 (日) 09:56



    1 47の素敵な(dion軍) (有能) :2019/05/31(金) 20:16:56.81

    NGT48山口真帆さんが配信にて『*れてたら…』 運営はメンバー関与を認めるも、被害者が謝罪★909
    https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1559287367/


    511 47の素敵な(地震なし) 2019/05/31(金) 18:00:00.41 ID:
    ヒッ

    (出典 i.imgur.com)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【NGT48】中井りか誤爆したか!?】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のアイドルグループNGT48の元メンバーである。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長162 cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催されたイ
    16キロバイト (2,126 語) - 2019年5月26日 (日) 09:32



    (出典 aiulog.com)



    1 47の素敵な :2019/05/31(金) 07:12:38.78 .net

    「山口真帆」のNGT48卒業後を占う 業界人が「それほど甘くない」という理由

    「また芸能事務所だって、そうそう声を掛けませんよ。山口さんは結局、NGTのメンバーとも軋轢を残したままなわけです。
    NGTの現トップで、事件でも関与が疑われた荻野由佳はホリプロに所属しています。
    ホリプロと言えば、石原さとみや綾瀬はるか、深田恭子、鈴木亮平、松山ケンイチ……ドラマの主役級がゾロゾロいるわけですが、彼らとの共演はNGでしょうし、バラエティ班にも大島麻衣はじめ多くのAKB卒業生が所属しています。
    また、山口さんを擁護した指原は太田プロの所属ですが、そこには同じNGTで事件への関与が疑われた中井りかがいます。
    AKBとNGTを兼任していた柏木由紀はワタナベエンターテインメント所属ですが、同じメンバーでありながら事件については一切触れなかった。
    ナベプロにはネプチューンや中山秀征、恵俊彰らのMCがいますが、事件に触れれば柏木にまで累が及ぶことにもなるし、大家志津香は現役のAKB48でもある。
    正直言って、芸能事務所もなかなか手が出せない状態だと思いますよ。
    高橋みなみはプロダクション尾木、松井珠理奈はアービング、今さらですが、AKBグループのメンバーをAKSで一手に管理せず、各事務所に分散させたのは、こういう深謀もあったのかもしれません。残念ながら、彼女を待ち受ける今後は厳しいという見方が多いですね」(同)

    頑張れ、まほほん! 

    週刊新潮WEB取材班

    2019年5月19日 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00561963-shincho-ent&p=1 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【業界関係者が鋭い分析。「山口さんはNGTと軋轢を残したまま。彼女の今後は厳しい」】の続きを読む


    加藤 美南(かとう みなみ、1999年1月15日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループNGT48の研究生である。旧チームNIIIの元キャプテン。愛称はかとみな。新潟県新潟市出身。AKS所属。 NGT48加入前は、新潟県内在住の中高生がモデルとして登場するウェブサイト『制服ステーションMA
    16キロバイト (2,042 語) - 2019年5月29日 (水) 03:39



    1 Egg ★ :2019/05/31(金) 09:26:17.85 ID:ykMrNrRp9.net

    加藤美南公式インスタグラムアカウントより

     19日に山口真帆が卒業し、芸能事務所大手・研音への移籍が発表されたが、暴行事件がNGT48というグループに落とした影は大きく、未だ騒動は収束を見せない。

     加藤美南のインスタグラムストーリーへの「誤爆」によりメンバーは当面の期間SNSの更新を停止しているが、その間もメンバーのSNSには批判や中傷のコメントがひっきりなしに書き込まれ、炎上し続けているのだ。

     特に燃え上がっているのは、件の加藤美南のインスタグラムのアカウントだ。コメントの投稿を承認している最新ポスト(6週間前のもの)には、30日現在で8万以上のコメントが押し寄せている。アリアナ・グランデやジャスティン・ビーバーなどの世界的なスーパースターでもコメントの数は1万から3万ぐらいなので、これがどれだけ異常な数なのかがよくわかる。ちなみに、彼女の他の投稿のコメント数は100から200ぐらいである。

     コメントの内容は誹謗中傷のオンパレードだ。引用は避けるが人格攻撃に近いものも相当数含まれている。いや、そういったものがほとんどだと言っていい。

     これは他のメンバーも同様で、荻野由佳の投稿には1万5000、太野彩香には1万3000、西潟茉莉奈には4000と、事件発覚以前にはありえなかった数のコメントが押し寄せている。内容はいずれも加藤と似たようなものだ。

     中傷を受けるメンバーたちが山口真帆と親しい関係ではなかったであろうことは、山口の卒業公演から読み取れる。だが、このように押し寄せているコメントを見る限り、コメントの投稿者がNGT48暴行事件の解決を真に望んでいるものとは読み取れない。「正義」を錦の御旗に掲げて罵詈雑言を他人にぶつけ、鬱憤を晴らしたいだけではないか。「赤信号みんなで渡れば怖くない」の群衆心理で「私刑」が正当化された結果、インターネットの世界を飛び出した事件まで引き起こしている。

     20日、荻野由佳を「*」と脅迫したとして、京都府在住の無職男性が逮捕された。容疑者は荻野由佳の名前と「*」と繰り返し書いた*スを新潟県内の行政機関や一部報道機関に送信。送信先の機関から代理人を通して連絡を受けた荻野由佳が被害届を提出し、捜査を行っていたという。堂本容疑者は「送ったのは間違いない」と供述している。

    2019.05.30
    https://wezz-y.com/archives/66350

    写真

    (出典 wezz-y.com)


    1 Egg ★ 2019/05/30(木) 23:34:51.76
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559226891/


    【【NGT48】加藤美南のインスタが大炎上!8万以上のコメントが押し寄せる異常事態に】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/31(金) 11:02:02.31

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00009702-bengocom-soci

    東京都北区のJR赤羽駅ホームで、女子高生2人に追いかけられ、走って逃げる男性の動画が5月28日、Twitterに投稿されました。

    Twitterでは「痴漢ではないか?」と言われていましたが、5月29日に放送されたフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で、
    逃げていた男性が女子高生に痴漢行為をしたとして、強制わいせつの容疑で逮捕されたことが報じられました。

    動画では、ホームを走って逃げる男性と後ろから「逃げるな!」と声を上げて追いかける女子高生2人の姿が映されていました。
    また、逃げる男性が目の前を通り過ぎた時に、別の男性がさっと足を出し、逃げている男性を転ばせていた場面も撮影されています。
    ネットでは、転ばせた男性について、「暴行罪だ」と指摘する声が一部で上がりました。

    本当に暴行罪にあたるのでしょうか。西口竜司弁護士に聞きました。

    ●「男性の行為は犯人の逃走を防止するためで社会的に正当」

    今回のケースのように、女子高生たちが「逃げるな!」と言いながら、追いかけている男性を周囲の人が転ばせた場合、罪に問われるのでしょうか?

    「中々に珍しい案件ですね。今回の件につきましても形式的に考えますと、暴行罪(刑法第208条)に該当することになります。
    ただし、逃げる犯人を逃がさないために行ったという点で法令行為(刑法第35条)に該当するとして、違法性が阻却(そきゃく=退けること)
    されないか問題となってきます。

    つまり、男性の行為が刑事訴訟法213条の現行犯逮捕に該当すれば、法令行為として違法性が阻却されることになります。

    ただし、現行犯逮捕が認められるためには、犯行を現認していることが必要です。今回の件では男性が犯行を見ていたとはいえず、
    現行犯逮捕を認めることは難しいかなと思われます。したがって、法令行為に該当するとして違法性は阻却されない可能性が高いです」

    では、男性は暴行罪に問われるのでしょうか?

    「男性の行為は犯人の逃走を防止するために行ったものであり、社会的にみて正当なものといえます。
    私としては、超法規的な観点から違法性阻却される可能性があると考えます。

    つまり、今回の事件では暴行罪は成立しないのではないでしょうか。当たり前といえば、当たり前の結論かもしれませんが考え始めると悩みますね。
    男性の勇気に拍手を送りたいと思います」


    男性が転ぶ瞬間の動画より

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【法律】駅で「逃げる痴漢」に足を出して転ばせた男性に「暴行罪だ」と指摘する声。本当に暴行罪に問われるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ